Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガイウス・スエトニウス・トランクィッルス(ラテン語: Gaius Suetonius Tranquillus, 70年頃 - 140年頃)は、ローマ帝国五賢帝時代の歴史家、政治家である。終身独裁官ガイウス・ユリウス・カエサル及び帝政ローマ初代皇帝アウグストゥスからドミティアヌスまでの11名のローマ皇帝、計12名の伝記である『皇帝伝(ラテン語: De vita Caesarum)』の著者として知られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 57276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53225405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガイウス・スエトニウス・トランクィッルス(ラテン語: Gaius Suetonius Tranquillus, 70年頃 - 140年頃)は、ローマ帝国五賢帝時代の歴史家、政治家である。終身独裁官ガイウス・ユリウス・カエサル及び帝政ローマ初代皇帝アウグストゥスからドミティアヌスまでの11名のローマ皇帝、計12名の伝記である『皇帝伝(ラテン語: De vita Caesarum)』の著者として知られる。
rdfs:label
  • ガイウス・スエトニウス・トランクィッルス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of