Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • たかつき型護衛艦(たかつきがたごえいかん、英語: Takatsuki-class destroyers)は、海上自衛隊が運用していた護衛艦の艦級。基本計画番号はF107。ネームシップの建造単価は70.1億円であった。第2次防衛力整備計画中、昭和38〜41年度において、多目的護衛艦(DDA)として各1隻、計4隻が計画された。これらは1967年〜1970年において順次に就役し、8艦6機体制の護衛艦隊における最有力の護衛艦の一つとして活躍した。また続く8艦8機体制においても、汎用護衛艦の戦力が充実するまでその一翼を担うため、前期建造艦2隻は大規模な近代化改修(FRAM)を受けた。その後、1996年から2003年にかけて運用を終了し、除籍された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 516050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57699858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • [[#諸元表]]を参照
prop-ja:前級
  • DDA:むらさめ型護衛艦(初代)
prop-ja:就役期間
  • 1967 (xsd:integer)
prop-ja:建造期間
  • 1964 (xsd:integer)
prop-ja:次級
  • DDA:3600t型護衛艦(計画中止)
  • DD:はつゆき型護衛艦
prop-ja:画像
  • 4 (xsd:integer)
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:艦種
prop-ja:艦級名
  • たかつき型護衛艦
dcterms:subject
rdfs:comment
  • たかつき型護衛艦(たかつきがたごえいかん、英語: Takatsuki-class destroyers)は、海上自衛隊が運用していた護衛艦の艦級。基本計画番号はF107。ネームシップの建造単価は70.1億円であった。第2次防衛力整備計画中、昭和38〜41年度において、多目的護衛艦(DDA)として各1隻、計4隻が計画された。これらは1967年〜1970年において順次に就役し、8艦6機体制の護衛艦隊における最有力の護衛艦の一つとして活躍した。また続く8艦8機体制においても、汎用護衛艦の戦力が充実するまでその一翼を担うため、前期建造艦2隻は大規模な近代化改修(FRAM)を受けた。その後、1996年から2003年にかけて運用を終了し、除籍された。
rdfs:label
  • たかつき型護衛艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of