こぶとりじいさん(こぶ取り爺)は、日本の民話(昔話)。 老人が、鬼に質草として頬の瘤を取られる説話群で、「隣の爺型民話」の大分類のうちに数えられる。二人の翁(老人)が連夜で鬼の宴に参加し、隣の翁は逆に瘤を増やされる型が典型であるが、民話の常として様々な類型があり、ストーリーも様々である。鎌倉時代の説話物語集『宇治拾遺物語』にも木樵が「鬼にこぶとらるゝ事」として収載されており、「ものうらやみはせまじきことなりとか」と羨望を戒める言葉で結ばれている。 日本各地に広く伝わっており、世界にも類例がある。

Property Value
dbo:abstract
  • こぶとりじいさん(こぶ取り爺)は、日本の民話(昔話)。 老人が、鬼に質草として頬の瘤を取られる説話群で、「隣の爺型民話」の大分類のうちに数えられる。二人の翁(老人)が連夜で鬼の宴に参加し、隣の翁は逆に瘤を増やされる型が典型であるが、民話の常として様々な類型があり、ストーリーも様々である。鎌倉時代の説話物語集『宇治拾遺物語』にも木樵が「鬼にこぶとらるゝ事」として収載されており、「ものうらやみはせまじきことなりとか」と羨望を戒める言葉で結ばれている。 日本各地に広く伝わっており、世界にも類例がある。 (ja)
  • こぶとりじいさん(こぶ取り爺)は、日本の民話(昔話)。 老人が、鬼に質草として頬の瘤を取られる説話群で、「隣の爺型民話」の大分類のうちに数えられる。二人の翁(老人)が連夜で鬼の宴に参加し、隣の翁は逆に瘤を増やされる型が典型であるが、民話の常として様々な類型があり、ストーリーも様々である。鎌倉時代の説話物語集『宇治拾遺物語』にも木樵が「鬼にこぶとらるゝ事」として収載されており、「ものうらやみはせまじきことなりとか」と羨望を戒める言葉で結ばれている。 日本各地に広く伝わっており、世界にも類例がある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 975503 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23072 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81517176 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:labels
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:rr
  • Hogtten-iyagi (ja)
  • Hogtten-iyagi (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2020 (xsd:integer)
prop-ja:正確性
  • 2020 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2020 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • こぶとりじいさん(こぶ取り爺)は、日本の民話(昔話)。 老人が、鬼に質草として頬の瘤を取られる説話群で、「隣の爺型民話」の大分類のうちに数えられる。二人の翁(老人)が連夜で鬼の宴に参加し、隣の翁は逆に瘤を増やされる型が典型であるが、民話の常として様々な類型があり、ストーリーも様々である。鎌倉時代の説話物語集『宇治拾遺物語』にも木樵が「鬼にこぶとらるゝ事」として収載されており、「ものうらやみはせまじきことなりとか」と羨望を戒める言葉で結ばれている。 日本各地に広く伝わっており、世界にも類例がある。 (ja)
  • こぶとりじいさん(こぶ取り爺)は、日本の民話(昔話)。 老人が、鬼に質草として頬の瘤を取られる説話群で、「隣の爺型民話」の大分類のうちに数えられる。二人の翁(老人)が連夜で鬼の宴に参加し、隣の翁は逆に瘤を増やされる型が典型であるが、民話の常として様々な類型があり、ストーリーも様々である。鎌倉時代の説話物語集『宇治拾遺物語』にも木樵が「鬼にこぶとらるゝ事」として収載されており、「ものうらやみはせまじきことなりとか」と羨望を戒める言葉で結ばれている。 日本各地に広く伝わっており、世界にも類例がある。 (ja)
rdfs:label
  • こぶとりじいさん (ja)
  • こぶとりじいさん (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of