Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • おじか型巡視船(おじかがたじゅんしせん、JCG PL OJIKA class)は海上保安庁の巡視船。公称船型は旧海軍海防艦型。本型は、いずれも、日振型海防艦および準同型艦である鵜来型海防艦のうち、戦後、第二復員省で復員輸送・掃海活動に従事したのち、運輸省中央気象台で定点気象観測任務にあたっていた艦について、接収解除を機に海上保安庁に編入したものである。巡視船として再就役した時点では非武装だったが、この時期、アメリカ極東海軍より兵装の貸与(のちに供与へ切り替え)が開始されていたこともあり、のちに他の大型・中型巡視船と同様にMk.22 3インチ単装緩射砲などの兵装を搭載している。本型は、中央気象台より引き継いだ定点気象観測任務を継続するとともに、揺籃期の海上保安庁において長距離救難の一翼を担って活躍した。また「こじま」は、第二復員省時代に米軍の連絡船として徴用されていた際に居住設備を強化されていたことから、特に海上保安大学校の練習船として遠洋航海などに用いられた。しかしもともと戦時急造艦としての性格があり、定点気象観測において荒天下で酷使されていたことや巡視船艇勢力の充実もあって、1960年代中盤に相次いで解役された。その後、「つがる」は石油開発公団の宿泊船として、1970年代までボルネオ島において運用されていた。また「こじま」は千葉市に払い下げられて海洋公民館として活用されていたが、建築基準法並びに消防法に適合しないことが判明して1993年(平成5年)4月1日に休館した。太平洋戦争に従軍した艦としては最後の現存戦闘艦艇であったことから、「文化遺産こじまを保存する会」を中心に保存を求める署名運動が行なわれ、1万人以上の解体反対署名が寄せられたが、1998年(平成10年)、老朽化や保存コストを理由として解体撤去された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2651343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58034057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:レーダー
  • スペリーSO-3 対水上捜索用
prop-ja:主機
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:乗員
  • 48 (xsd:integer)
prop-ja:兵装
  • Mk.10 20mm単装機銃×2基
  • Mk.22 3インチ単装緩射砲×1基
  • (※PL-106は20mm単装機銃のうち1基を40mm単装機銃に換装)
prop-ja:前級
prop-ja:就役期間
  • 1954 (xsd:integer)
prop-ja:常備排水量
  • 1028 (xsd:integer)
prop-ja:推進
  • スクリュープロペラ×2軸
prop-ja:機関出力
  • 1250 (xsd:integer)
prop-ja:次級
prop-ja:満載排水量
  • 1195 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Japan Coast Guard PL104 Satsuma.jpg
prop-ja:画像説明
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:総トン数
  • 878 (xsd:integer)
prop-ja:航続距離
  • 4700 (xsd:integer)
prop-ja:艦種
  • 旧海軍海防艦型巡視船
prop-ja:艦級名
  • おじか型巡視船
prop-ja:速力
  • 16 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • おじか型巡視船(おじかがたじゅんしせん、JCG PL OJIKA class)は海上保安庁の巡視船。公称船型は旧海軍海防艦型。本型は、いずれも、日振型海防艦および準同型艦である鵜来型海防艦のうち、戦後、第二復員省で復員輸送・掃海活動に従事したのち、運輸省中央気象台で定点気象観測任務にあたっていた艦について、接収解除を機に海上保安庁に編入したものである。巡視船として再就役した時点では非武装だったが、この時期、アメリカ極東海軍より兵装の貸与(のちに供与へ切り替え)が開始されていたこともあり、のちに他の大型・中型巡視船と同様にMk.22 3インチ単装緩射砲などの兵装を搭載している。本型は、中央気象台より引き継いだ定点気象観測任務を継続するとともに、揺籃期の海上保安庁において長距離救難の一翼を担って活躍した。また「こじま」は、第二復員省時代に米軍の連絡船として徴用されていた際に居住設備を強化されていたことから、特に海上保安大学校の練習船として遠洋航海などに用いられた。しかしもともと戦時急造艦としての性格があり、定点気象観測において荒天下で酷使されていたことや巡視船艇勢力の充実もあって、1960年代中盤に相次いで解役された。その後、「つがる」は石油開発公団の宿泊船として、1970年代までボルネオ島において運用されていた。また「こじま」は千葉市に払い下げられて海洋公民館として活用されていたが、建築基準法並びに消防法に適合しないことが判明して1993年(平成5年)4月1日に休館した。太平洋戦争に従軍した艦としては最後の現存戦闘艦艇であったことから、「文化遺産こじまを保存する会」を中心に保存を求める署名運動が行なわれ、1万人以上の解体反対署名が寄せられたが、1998年(平成10年)、老朽化や保存コストを理由として解体撤去された。
rdfs:label
  • おじか型巡視船 (初代)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前級 of
is prop-ja:次級 of
is foaf:primaryTopic of