X-SAMPA(Extended SAM Phonetic Alphabet)、拡張SAM音声記号(かくちょうエスエイエムおんせいきごう)は発音記号のひとつである。SAMPAの変種で、1995年に当時のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン音声学科長であったJohn Christopher Wellsによって開発された。すべての国際音声記号の文字記号をASCII文字のみで表すことができる。

Property Value
dbo:abstract
  • X-SAMPA(Extended SAM Phonetic Alphabet)、拡張SAM音声記号(かくちょうエスエイエムおんせいきごう)は発音記号のひとつである。SAMPAの変種で、1995年に当時のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン音声学科長であったJohn Christopher Wellsによって開発された。すべての国際音声記号の文字記号をASCII文字のみで表すことができる。 (ja)
  • X-SAMPA(Extended SAM Phonetic Alphabet)、拡張SAM音声記号(かくちょうエスエイエムおんせいきごう)は発音記号のひとつである。SAMPAの変種で、1995年に当時のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン音声学科長であったJohn Christopher Wellsによって開発された。すべての国際音声記号の文字記号をASCII文字のみで表すことができる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 76153 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 31960 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 35400 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76749060 (xsd:integer)
  • 83342717 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • X-SAMPA(Extended SAM Phonetic Alphabet)、拡張SAM音声記号(かくちょうエスエイエムおんせいきごう)は発音記号のひとつである。SAMPAの変種で、1995年に当時のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン音声学科長であったJohn Christopher Wellsによって開発された。すべての国際音声記号の文字記号をASCII文字のみで表すことができる。 (ja)
  • X-SAMPA(Extended SAM Phonetic Alphabet)、拡張SAM音声記号(かくちょうエスエイエムおんせいきごう)は発音記号のひとつである。SAMPAの変種で、1995年に当時のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン音声学科長であったJohn Christopher Wellsによって開発された。すべての国際音声記号の文字記号をASCII文字のみで表すことができる。 (ja)
rdfs:label
  • X-SAMPA (ja)
  • X-SAMPA (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of