PERQは、Three Rivers PERQまたは PERQとも呼ばれ、1970年代後半から1980年代初頭にかけて生産されたワークステーション・コンピューターの草分け的存在であった。 1979年6月、同社は英国のラザフォード・アップルトン研究所から最初の注文を受け、1979年8月にシカゴで開催されたSIGGRAPHで正式に発売された。 これは、グラフィカル・ユーザインタフェースを備えた最初の商業的に生産されたパーソナル・ワークステーションであった。 このデザインは、商業的に生産されることのなかったオリジナルのワークステーション・コンピューターであるゼロックス Altoに大きな影響を受けていた。 「PERQ」という名前の由来は、「より速く実行されるPascalエンジン」("Pascal Engine that Runs Quicker")の頭字語をとったもので、一般に「パークス」(perks)と呼ばれる「パーキシー」(perquisite)という単語を連想させるために選ばれた。これは、従業員の追加給付金の意味である。

Property Value
dbo:abstract
  • PERQは、Three Rivers PERQまたは PERQとも呼ばれ、1970年代後半から1980年代初頭にかけて生産されたワークステーション・コンピューターの草分け的存在であった。 1979年6月、同社は英国のラザフォード・アップルトン研究所から最初の注文を受け、1979年8月にシカゴで開催されたSIGGRAPHで正式に発売された。 これは、グラフィカル・ユーザインタフェースを備えた最初の商業的に生産されたパーソナル・ワークステーションであった。 このデザインは、商業的に生産されることのなかったオリジナルのワークステーション・コンピューターであるゼロックス Altoに大きな影響を受けていた。 「PERQ」という名前の由来は、「より速く実行されるPascalエンジン」("Pascal Engine that Runs Quicker")の頭字語をとったもので、一般に「パークス」(perks)と呼ばれる「パーキシー」(perquisite)という単語を連想させるために選ばれた。これは、従業員の追加給付金の意味である。 このワークステーションは、1974年に(3RCC)を設立したカーネギーメロン大学の元卒業生で従業員の、ブライアン S.ローゼン、ジェームズ R.テター、ウィリアム H.ブロードリー、J. スタンリー・クリズ、ラジ・レディ、およびポール G.ニューベリーによって考案された。 ブライアン・ローゼンもゼロックスPARCでドルフィン・ワークステーションに従事していた。 英国科学研究評議会 (英語版) (後の科学技術研究評議会) からの関心の結果、3RCCは1981年に英国のコンピュータ会社ICL (英語版) とヨーロッパでの販売、その後の共同開発と製造のための関係を結んだ。 1980年代には、英国の多くの学術研究プロジェクトでPERQが使用された。 3RCCは1984年にPERQ System Corporationに社名を変更した。 1986年にはサン・マイクロシステムズ、アポロ・コンピュータ、シリコン・グラフィックスなどの他のワークステーションメーカーとの競合が主な原因となって廃業した。 (ja)
  • PERQは、Three Rivers PERQまたは PERQとも呼ばれ、1970年代後半から1980年代初頭にかけて生産されたワークステーション・コンピューターの草分け的存在であった。 1979年6月、同社は英国のラザフォード・アップルトン研究所から最初の注文を受け、1979年8月にシカゴで開催されたSIGGRAPHで正式に発売された。 これは、グラフィカル・ユーザインタフェースを備えた最初の商業的に生産されたパーソナル・ワークステーションであった。 このデザインは、商業的に生産されることのなかったオリジナルのワークステーション・コンピューターであるゼロックス Altoに大きな影響を受けていた。 「PERQ」という名前の由来は、「より速く実行されるPascalエンジン」("Pascal Engine that Runs Quicker")の頭字語をとったもので、一般に「パークス」(perks)と呼ばれる「パーキシー」(perquisite)という単語を連想させるために選ばれた。これは、従業員の追加給付金の意味である。 このワークステーションは、1974年に(3RCC)を設立したカーネギーメロン大学の元卒業生で従業員の、ブライアン S.ローゼン、ジェームズ R.テター、ウィリアム H.ブロードリー、J. スタンリー・クリズ、ラジ・レディ、およびポール G.ニューベリーによって考案された。 ブライアン・ローゼンもゼロックスPARCでドルフィン・ワークステーションに従事していた。 英国科学研究評議会 (英語版) (後の科学技術研究評議会) からの関心の結果、3RCCは1981年に英国のコンピュータ会社ICL (英語版) とヨーロッパでの販売、その後の共同開発と製造のための関係を結んだ。 1980年代には、英国の多くの学術研究プロジェクトでPERQが使用された。 3RCCは1984年にPERQ System Corporationに社名を変更した。 1986年にはサン・マイクロシステムズ、アポロ・コンピュータ、シリコン・グラフィックスなどの他のワークステーションメーカーとの競合が主な原因となって廃業した。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4169573 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12066 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 83088914 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • PERQは、Three Rivers PERQまたは PERQとも呼ばれ、1970年代後半から1980年代初頭にかけて生産されたワークステーション・コンピューターの草分け的存在であった。 1979年6月、同社は英国のラザフォード・アップルトン研究所から最初の注文を受け、1979年8月にシカゴで開催されたSIGGRAPHで正式に発売された。 これは、グラフィカル・ユーザインタフェースを備えた最初の商業的に生産されたパーソナル・ワークステーションであった。 このデザインは、商業的に生産されることのなかったオリジナルのワークステーション・コンピューターであるゼロックス Altoに大きな影響を受けていた。 「PERQ」という名前の由来は、「より速く実行されるPascalエンジン」("Pascal Engine that Runs Quicker")の頭字語をとったもので、一般に「パークス」(perks)と呼ばれる「パーキシー」(perquisite)という単語を連想させるために選ばれた。これは、従業員の追加給付金の意味である。 (ja)
  • PERQは、Three Rivers PERQまたは PERQとも呼ばれ、1970年代後半から1980年代初頭にかけて生産されたワークステーション・コンピューターの草分け的存在であった。 1979年6月、同社は英国のラザフォード・アップルトン研究所から最初の注文を受け、1979年8月にシカゴで開催されたSIGGRAPHで正式に発売された。 これは、グラフィカル・ユーザインタフェースを備えた最初の商業的に生産されたパーソナル・ワークステーションであった。 このデザインは、商業的に生産されることのなかったオリジナルのワークステーション・コンピューターであるゼロックス Altoに大きな影響を受けていた。 「PERQ」という名前の由来は、「より速く実行されるPascalエンジン」("Pascal Engine that Runs Quicker")の頭字語をとったもので、一般に「パークス」(perks)と呼ばれる「パーキシー」(perquisite)という単語を連想させるために選ばれた。これは、従業員の追加給付金の意味である。 (ja)
rdfs:label
  • PERQ (ja)
  • PERQ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of