OASYS(オアシス)は、富士通の神田泰典らによって開発された、日本語ワードプロセッサ(以下ワープロ)専用機および現在販売されているワープロソフトの名称である。 本項ではOASYSを含むオフィススイートであるOASYS SuperOffice(オアシス スーパーオフィス)やビューアであるOASYS Viewerについても記述する。

Property Value
dbo:abstract
  • OASYS(オアシス)は、富士通の神田泰典らによって開発された、日本語ワードプロセッサ(以下ワープロ)専用機および現在販売されているワープロソフトの名称である。 本項ではOASYSを含むオフィススイートであるOASYS SuperOffice(オアシス スーパーオフィス)やビューアであるOASYS Viewerについても記述する。 (ja)
  • OASYS(オアシス)は、富士通の神田泰典らによって開発された、日本語ワードプロセッサ(以下ワープロ)専用機および現在販売されているワープロソフトの名称である。 本項ではOASYSを含むオフィススイートであるOASYS SuperOffice(オアシス スーパーオフィス)やビューアであるOASYS Viewerについても記述する。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 10
  • 8
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1511 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 19516 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 19537 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80997650 (xsd:integer)
  • 85736053 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • OASYS (ja)
  • OASYS SuperOffice (ja)
  • OASYS Viewer (ja)
  • OASYS (ja)
  • OASYS SuperOffice (ja)
  • OASYS Viewer (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • 8 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:範囲
  • 親指シフト配列のパーソナルワープロ製品に、50音順マスクという付属品を付けた時代《OASYS Lite S ~ F-ROM8 の約三年間)》 (ja)
  • 後発にも関わらず堅実な機能と低価格でビジネス市場でシェア第1位を獲得した。 (ja)
  • カタログで高度な文法処理を誇らしげに謳う他社とは対照的であった。複文節変換は操作性が練り込まれておらず、他社との対抗上一応搭載しただけのように感じさせるものであったため、単文節変換に切り替えて使う者も多かった。 (ja)
  • ワープロを評する場合はOASYS対それ以外という視点になりがちで、実際にはシェアが第1位であったにも関わらず、「OASYS使用者は少数派」という矛盾したイメージを抱く者も多かった。 (ja)
  • OASYSの罫線機能は直観的な分かりやすさから支持者が多く、テキストエディタのマクロで操作法を模倣したものが多数ある。 (ja)
  • これを指して愛用者は「OASYSは日本語として無意味な変換をしない」と評した。しかし、使い込まなくては理解できない利点であり、カタログスペックでは見劣りした。 (ja)
  • しかし、OASYS の上書きモードは独特の書き味を持つため、根強い愛好者がいる。 (ja)
  • あまり頭のよいやり方ではないかもしれないが、OASYSの支持者の多くは、テキストエディタの延長のような愚直な身軽さを好んだのである。 (ja)
  • 一般的なワープロは、1行目から文字入力が基本である (ja)
  • この言葉が一般に定着するきっかけとなった。 (ja)
  • 家庭用市場でもシェア第1位を獲得した。 (ja)
  • 親指シフト配列のパーソナルワープロ製品に、50音順マスクという付属品を付けた時代《OASYS Lite S ~ F-ROM8 の約三年間)》 (ja)
  • 後発にも関わらず堅実な機能と低価格でビジネス市場でシェア第1位を獲得した。 (ja)
  • カタログで高度な文法処理を誇らしげに謳う他社とは対照的であった。複文節変換は操作性が練り込まれておらず、他社との対抗上一応搭載しただけのように感じさせるものであったため、単文節変換に切り替えて使う者も多かった。 (ja)
  • ワープロを評する場合はOASYS対それ以外という視点になりがちで、実際にはシェアが第1位であったにも関わらず、「OASYS使用者は少数派」という矛盾したイメージを抱く者も多かった。 (ja)
  • OASYSの罫線機能は直観的な分かりやすさから支持者が多く、テキストエディタのマクロで操作法を模倣したものが多数ある。 (ja)
  • これを指して愛用者は「OASYSは日本語として無意味な変換をしない」と評した。しかし、使い込まなくては理解できない利点であり、カタログスペックでは見劣りした。 (ja)
  • しかし、OASYS の上書きモードは独特の書き味を持つため、根強い愛好者がいる。 (ja)
  • あまり頭のよいやり方ではないかもしれないが、OASYSの支持者の多くは、テキストエディタの延長のような愚直な身軽さを好んだのである。 (ja)
  • 一般的なワープロは、1行目から文字入力が基本である (ja)
  • この言葉が一般に定着するきっかけとなった。 (ja)
  • 家庭用市場でもシェア第1位を獲得した。 (ja)
prop-ja:説明文
  • オフィススイート (ja)
  • 日本語ワードプロセッサ (ja)
  • ビューア (ja)
  • オフィススイート (ja)
  • 日本語ワードプロセッサ (ja)
  • ビューア (ja)
prop-ja:開発元
dc:description
  • オフィススイート
  • ビューア
  • 日本語ワードプロセッサ
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • OASYS(オアシス)は、富士通の神田泰典らによって開発された、日本語ワードプロセッサ(以下ワープロ)専用機および現在販売されているワープロソフトの名称である。 本項ではOASYSを含むオフィススイートであるOASYS SuperOffice(オアシス スーパーオフィス)やビューアであるOASYS Viewerについても記述する。 (ja)
  • OASYS(オアシス)は、富士通の神田泰典らによって開発された、日本語ワードプロセッサ(以下ワープロ)専用機および現在販売されているワープロソフトの名称である。 本項ではOASYSを含むオフィススイートであるOASYS SuperOffice(オアシス スーパーオフィス)やビューアであるOASYS Viewerについても記述する。 (ja)
rdfs:label
  • OASYS (ja)
  • OASYS (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • OASYS (ja)
  • OASYS SuperOffice (ja)
  • OASYS Viewer (ja)
  • OASYS (ja)
  • OASYS SuperOffice (ja)
  • OASYS Viewer (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of