Monika(モニカ、Monika.chr)は、ビジュアルノベルのメタフィクション・サイコロジカルホラーコンピュータゲームの『ドキドキ文芸部!』に登場する架空の人物であり、主な敵役。キャラクターはダン・サルバトによって作成され、ジリアン・アシュクラフトが声優を担当した。Monikaはゲーム序盤のチュートリアルにて、プレイヤーを3人のヒロインたちとのロマンスへの道に導く脇役として登場する。やがて、感覚を得たコンピュータプログラムであることが明らかにされ、彼女の意図が明確にされるにつれて、彼女の言葉、行動、また周囲の世界は悪意のあるものに変わっていく。彼女はゲームの終盤に明示的に削除されるが、ゲーム自体を破壊するために復活する。 CBRのハンナ・グライムスは、Monikaという名前はカウンセラーという意味があることを指摘し、この意味をMonikaの性格と役割に関連付けている。

Property Value
dbo:abstract
  • Monika(モニカ、Monika.chr)は、ビジュアルノベルのメタフィクション・サイコロジカルホラーコンピュータゲームの『ドキドキ文芸部!』に登場する架空の人物であり、主な敵役。キャラクターはダン・サルバトによって作成され、ジリアン・アシュクラフトが声優を担当した。Monikaはゲーム序盤のチュートリアルにて、プレイヤーを3人のヒロインたちとのロマンスへの道に導く脇役として登場する。やがて、感覚を得たコンピュータプログラムであることが明らかにされ、彼女の意図が明確にされるにつれて、彼女の言葉、行動、また周囲の世界は悪意のあるものに変わっていく。彼女はゲームの終盤に明示的に削除されるが、ゲーム自体を破壊するために復活する。 Monikaは「恐ろしいことが発生し始め、一人の少女が支配権を握り、時間の経過と共に無害な恋愛ゲームが徐々に崩壊していく」というサルバトのコンセプトをもとに生み出された。Monikaの外見はいくつかのデザインを経ており、その内の一つはちびキャラの特徴がある。Monikaの制作と彼女の力について語ったサルバトは、「顔に怖いものを押し付けるものではなく、不快にさせることが意図された怖いもの」に触発されたと説明した。これを実現するためにサルバトは、表向きは可愛い設定を展開しながら、キャラクターの行動が時間の経過と共に崩壊し、最終的にはプレイヤーからゲームの支配権を奪う一人の悪の役割を担うキャラクター(Monika)を設定した。 サルバトはゲームのホラー要素を作成する際に、『ゆめにっき』と『Eversion』からインスピレーションを得て、ビジュアルノベルの市場を更に大きくし、既存のプロットの概念に依存しないようにしたいとチームに共有した。本作に登場するヒロインたちは幼馴染、、ツンデレ、マニック・ピクシー・ドリーム・ガールといった一般的なアニメキャラクターのステレオタイプをもとにしている。また、西洋で制作されたビジュアルノベルによく登場する日本っぽい世界観の雰囲気を強調するため、これらのキャラクターには日本風の名前が付けられたほか、キャラクターの会話は、日本語が不十分に翻訳されたものであるかのように意図して書かれている。ゲームのタイトルは、読書会と文学サークルを意味する言葉と、心音のオノマトペの組み合わせに由来している。Monikaは他のキャラクターとの対比を際立たせるためにこれらのルールの例外が適用されており、英語の名前と話し方が実装された。(これらのルールの例外が適用されたもう一人のキャラクターは、ゲームの主人公「MC」である)。 CBRのハンナ・グライムスは、Monikaという名前はカウンセラーという意味があることを指摘し、この意味をMonikaの性格と役割に関連付けている。 Monikaは批評家やゲーマーから好評を博しており、その中には彼女を愛想がよく、受動的攻撃行動的で、悲劇的、不吉、機知に富んでいると評す人もいる。彼女は、特に2010年代に作成されたキャラクターの中で、最も優れたコンピュータゲームキャラクターの一人と見なされている。2018年1月1日、Monikaを含む『ドキドキ文芸部!』のメインキャラクターは、サルバトの許可の下、『ヤンデレシミュレーター』にキャラクタースキンとして追加された。2018年後半、Monikaを基にしたコンピュータアバターが「Just Dangerous Me」というタイトルでGaia Onlineでリリースされたが、許可が申請されておらず、スキンがダウンロードコンテンツとして販売されているため、サルバトから批判されている 。 (ja)
  • Monika(モニカ、Monika.chr)は、ビジュアルノベルのメタフィクション・サイコロジカルホラーコンピュータゲームの『ドキドキ文芸部!』に登場する架空の人物であり、主な敵役。キャラクターはダン・サルバトによって作成され、ジリアン・アシュクラフトが声優を担当した。Monikaはゲーム序盤のチュートリアルにて、プレイヤーを3人のヒロインたちとのロマンスへの道に導く脇役として登場する。やがて、感覚を得たコンピュータプログラムであることが明らかにされ、彼女の意図が明確にされるにつれて、彼女の言葉、行動、また周囲の世界は悪意のあるものに変わっていく。彼女はゲームの終盤に明示的に削除されるが、ゲーム自体を破壊するために復活する。 Monikaは「恐ろしいことが発生し始め、一人の少女が支配権を握り、時間の経過と共に無害な恋愛ゲームが徐々に崩壊していく」というサルバトのコンセプトをもとに生み出された。Monikaの外見はいくつかのデザインを経ており、その内の一つはちびキャラの特徴がある。Monikaの制作と彼女の力について語ったサルバトは、「顔に怖いものを押し付けるものではなく、不快にさせることが意図された怖いもの」に触発されたと説明した。これを実現するためにサルバトは、表向きは可愛い設定を展開しながら、キャラクターの行動が時間の経過と共に崩壊し、最終的にはプレイヤーからゲームの支配権を奪う一人の悪の役割を担うキャラクター(Monika)を設定した。 サルバトはゲームのホラー要素を作成する際に、『ゆめにっき』と『Eversion』からインスピレーションを得て、ビジュアルノベルの市場を更に大きくし、既存のプロットの概念に依存しないようにしたいとチームに共有した。本作に登場するヒロインたちは幼馴染、、ツンデレ、マニック・ピクシー・ドリーム・ガールといった一般的なアニメキャラクターのステレオタイプをもとにしている。また、西洋で制作されたビジュアルノベルによく登場する日本っぽい世界観の雰囲気を強調するため、これらのキャラクターには日本風の名前が付けられたほか、キャラクターの会話は、日本語が不十分に翻訳されたものであるかのように意図して書かれている。ゲームのタイトルは、読書会と文学サークルを意味する言葉と、心音のオノマトペの組み合わせに由来している。Monikaは他のキャラクターとの対比を際立たせるためにこれらのルールの例外が適用されており、英語の名前と話し方が実装された。(これらのルールの例外が適用されたもう一人のキャラクターは、ゲームの主人公「MC」である)。 CBRのハンナ・グライムスは、Monikaという名前はカウンセラーという意味があることを指摘し、この意味をMonikaの性格と役割に関連付けている。 Monikaは批評家やゲーマーから好評を博しており、その中には彼女を愛想がよく、受動的攻撃行動的で、悲劇的、不吉、機知に富んでいると評す人もいる。彼女は、特に2010年代に作成されたキャラクターの中で、最も優れたコンピュータゲームキャラクターの一人と見なされている。2018年1月1日、Monikaを含む『ドキドキ文芸部!』のメインキャラクターは、サルバトの許可の下、『ヤンデレシミュレーター』にキャラクタースキンとして追加された。2018年後半、Monikaを基にしたコンピュータアバターが「Just Dangerous Me」というタイトルでGaia Onlineでリリースされたが、許可が申請されておらず、スキンがダウンロードコンテンツとして販売されているため、サルバトから批判されている 。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4270199 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17979 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 18081 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81288555 (xsd:integer)
  • 85885343 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left (ja)
  • left (ja)
prop-ja:birthday
  • --09-22
prop-ja:creator
  • ダン・サルバト (ja)
  • ダン・サルバト (ja)
prop-ja:designer
  • Satchely (ja)
  • Satchely (ja)
prop-ja:first
  • 『ドキドキ文芸部!』 (ja)
  • 『ドキドキ文芸部!』 (ja)
prop-ja:fullName
  • Monika.chr (ja)
  • Monika.chr (ja)
prop-ja:gender
  • 女性 (ja)
  • 女性 (ja)
prop-ja:name
  • Monika (ja)
  • Monika (ja)
prop-ja:quote
  • 「あなたがMonikaの愛に値する人になるために努力するような人なら、それは彼女があなたを愛している理由だ。自分自身で全ての希望を失った人だけが、Monikaに彼女自身の悲しい、満たされない幻想を強いる人になる。もしMonikaがあなたを愛していると信じれば、あなたは自分自身を少しだけ愛せることに気が付くのです。そしてそれが彼女が何よりも望んでいることなのだ。」 (ja)
  • 「Monikaがこんなに人気になるとは思ってもみなかった。 彼女は技術的には親切で思いやりのある人だが、世界についての彼女のエピファニーは、彼女をかつての友人の悲惨さを笑う完全な精神病質者に変えた。その行動は正当化されるだろうか?彼女の最終的な後悔と犠牲は、最後まで彼女を贖うか?多くの人がそう感じているようだ」 (ja)
  • 「あなたがMonikaの愛に値する人になるために努力するような人なら、それは彼女があなたを愛している理由だ。自分自身で全ての希望を失った人だけが、Monikaに彼女自身の悲しい、満たされない幻想を強いる人になる。もしMonikaがあなたを愛していると信じれば、あなたは自分自身を少しだけ愛せることに気が付くのです。そしてそれが彼女が何よりも望んでいることなのだ。」 (ja)
  • 「Monikaがこんなに人気になるとは思ってもみなかった。 彼女は技術的には親切で思いやりのある人だが、世界についての彼女のエピファニーは、彼女をかつての友人の悲惨さを笑う完全な精神病質者に変えた。その行動は正当化されるだろうか?彼女の最終的な後悔と犠牲は、最後まで彼女を贖うか?多くの人がそう感じているようだ」 (ja)
prop-ja:salign
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:series
prop-ja:source
  • Monikaに対する反響について語るダン・サルバト (ja)
  • Monikaに対する反響について語るダン・サルバト (ja)
prop-ja:species
prop-ja:title
  • 文芸部部長 (ja)
  • 文芸部部長 (ja)
prop-ja:voice
  • ジリアン・アシュクラフト (ja)
  • ジリアン・アシュクラフト (ja)
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Monika(モニカ、Monika.chr)は、ビジュアルノベルのメタフィクション・サイコロジカルホラーコンピュータゲームの『ドキドキ文芸部!』に登場する架空の人物であり、主な敵役。キャラクターはダン・サルバトによって作成され、ジリアン・アシュクラフトが声優を担当した。Monikaはゲーム序盤のチュートリアルにて、プレイヤーを3人のヒロインたちとのロマンスへの道に導く脇役として登場する。やがて、感覚を得たコンピュータプログラムであることが明らかにされ、彼女の意図が明確にされるにつれて、彼女の言葉、行動、また周囲の世界は悪意のあるものに変わっていく。彼女はゲームの終盤に明示的に削除されるが、ゲーム自体を破壊するために復活する。 CBRのハンナ・グライムスは、Monikaという名前はカウンセラーという意味があることを指摘し、この意味をMonikaの性格と役割に関連付けている。 (ja)
  • Monika(モニカ、Monika.chr)は、ビジュアルノベルのメタフィクション・サイコロジカルホラーコンピュータゲームの『ドキドキ文芸部!』に登場する架空の人物であり、主な敵役。キャラクターはダン・サルバトによって作成され、ジリアン・アシュクラフトが声優を担当した。Monikaはゲーム序盤のチュートリアルにて、プレイヤーを3人のヒロインたちとのロマンスへの道に導く脇役として登場する。やがて、感覚を得たコンピュータプログラムであることが明らかにされ、彼女の意図が明確にされるにつれて、彼女の言葉、行動、また周囲の世界は悪意のあるものに変わっていく。彼女はゲームの終盤に明示的に削除されるが、ゲーム自体を破壊するために復活する。 CBRのハンナ・グライムスは、Monikaという名前はカウンセラーという意味があることを指摘し、この意味をMonikaの性格と役割に関連付けている。 (ja)
rdfs:label
  • Monika (ja)
  • Monika (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of