MSXturboR(エム・エス・エックス・ターボアール)とはMSX規格の一つで、MSX2+の後継規格として1990年に発表された。MSXturboR が正式な表記で、MSX TurboR のようにスペースを開けたり、「T」を大文字で表記するのは正しくない。16ビットCPUの「R800」を採用し、MSX2+まではオプションのMSX-DOS2、MSX-JE、MSX-MUSICを標準搭載する。また、turboRのRはR800のRを意味する。一連のMSX規格で、最後の規格となった。

Property Value
dbo:abstract
  • MSXturboR(エム・エス・エックス・ターボアール)とはMSX規格の一つで、MSX2+の後継規格として1990年に発表された。MSXturboR が正式な表記で、MSX TurboR のようにスペースを開けたり、「T」を大文字で表記するのは正しくない。16ビットCPUの「R800」を採用し、MSX2+まではオプションのMSX-DOS2、MSX-JE、MSX-MUSICを標準搭載する。また、turboRのRはR800のRを意味する。一連のMSX規格で、最後の規格となった。 (ja)
  • MSXturboR(エム・エス・エックス・ターボアール)とはMSX規格の一つで、MSX2+の後継規格として1990年に発表された。MSXturboR が正式な表記で、MSX TurboR のようにスペースを開けたり、「T」を大文字で表記するのは正しくない。16ビットCPUの「R800」を採用し、MSX2+まではオプションのMSX-DOS2、MSX-JE、MSX-MUSICを標準搭載する。また、turboRのRはR800のRを意味する。一連のMSX規格で、最後の規格となった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2074491 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6677 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81365607 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • MSXturboR(エム・エス・エックス・ターボアール)とはMSX規格の一つで、MSX2+の後継規格として1990年に発表された。MSXturboR が正式な表記で、MSX TurboR のようにスペースを開けたり、「T」を大文字で表記するのは正しくない。16ビットCPUの「R800」を採用し、MSX2+まではオプションのMSX-DOS2、MSX-JE、MSX-MUSICを標準搭載する。また、turboRのRはR800のRを意味する。一連のMSX規格で、最後の規格となった。 (ja)
  • MSXturboR(エム・エス・エックス・ターボアール)とはMSX規格の一つで、MSX2+の後継規格として1990年に発表された。MSXturboR が正式な表記で、MSX TurboR のようにスペースを開けたり、「T」を大文字で表記するのは正しくない。16ビットCPUの「R800」を採用し、MSX2+まではオプションのMSX-DOS2、MSX-JE、MSX-MUSICを標準搭載する。また、turboRのRはR800のRを意味する。一連のMSX規格で、最後の規格となった。 (ja)
rdfs:label
  • MSXturboR (ja)
  • MSXturboR (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:plat of
is prop-ja:対応機種 of
is foaf:primaryTopic of