Intel Atom (インテル アトム、以下 "Atom") は、インテルが設計・製造する、主に携帯情報端末 (PDA) や低価格PC、組込みシステム向けのマイクロアーキテクチャ及びマイクロプロセッサ群である。 Atomは、インテルの製品分類でも特に低消費電力化が図られたLPIAと呼ばれるカテゴリに属している。LPIA製品としてはマイクロアーキテクチャから新規に開発された初めての製品である。米国時間2008年3月2日に発表され、その年の夏から順次出荷されている。 近年は Intel 64 に対応しているが、初期の製品に64ビット非対応で IA-32 の物もあった。メインストリームの製品との差別化のためか、64ビットと同時にVTに対応したモデルは以前は無かったが、近年はサーバ向けとしてそのようなラインナップも現れた。

Property Value
dbo:abstract
  • Intel Atom (インテル アトム、以下 "Atom") は、インテルが設計・製造する、主に携帯情報端末 (PDA) や低価格PC、組込みシステム向けのマイクロアーキテクチャ及びマイクロプロセッサ群である。 Atomは、インテルの製品分類でも特に低消費電力化が図られたLPIAと呼ばれるカテゴリに属している。LPIA製品としてはマイクロアーキテクチャから新規に開発された初めての製品である。米国時間2008年3月2日に発表され、その年の夏から順次出荷されている。 近年は Intel 64 に対応しているが、初期の製品に64ビット非対応で IA-32 の物もあった。メインストリームの製品との差別化のためか、64ビットと同時にVTに対応したモデルは以前は無かったが、近年はサーバ向けとしてそのようなラインナップも現れた。 (ja)
  • Intel Atom (インテル アトム、以下 "Atom") は、インテルが設計・製造する、主に携帯情報端末 (PDA) や低価格PC、組込みシステム向けのマイクロアーキテクチャ及びマイクロプロセッサ群である。 Atomは、インテルの製品分類でも特に低消費電力化が図られたLPIAと呼ばれるカテゴリに属している。LPIA製品としてはマイクロアーキテクチャから新規に開発された初めての製品である。米国時間2008年3月2日に発表され、その年の夏から順次出荷されている。 近年は Intel 64 に対応しているが、初期の製品に64ビット非対応で IA-32 の物もあった。メインストリームの製品との差別化のためか、64ビットと同時にVTに対応したモデルは以前は無かったが、近年はサーバ向けとしてそのようなラインナップも現れた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1364472 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 62260 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 65083 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79806087 (xsd:integer)
  • 85148351 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:fsb最低周波数
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:fsb最高周波数
  • 667 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コア数
  • 1248121624 (xsd:integer)
prop-ja:コードネーム
  • Cedarview (ja)
  • Diamondville (ja)
  • Lincroft (ja)
  • Pineview (ja)
  • Silverthorne (ja)
  • Cedarview (ja)
  • Diamondville (ja)
  • Lincroft (ja)
  • Pineview (ja)
  • Silverthorne (ja)
prop-ja:パッケージ
  • μFCBGA(Socket 437等) (ja)
  • μFCBGA (ja)
  • μFCBGA(Socket 437等) (ja)
  • μFCBGA (ja)
prop-ja:名称
  • Atom (ja)
  • Atom (ja)
prop-ja:命令セット
prop-ja:最低周波数
  • 600 (xsd:integer)
prop-ja:最低周波数単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:最大プロセスルール
  • 45.0
prop-ja:最小プロセスルール
  • 10.0
prop-ja:最高周波数
  • 2.410000 (xsd:double)
prop-ja:生産者
  • インテル (ja)
  • インテル (ja)
prop-ja:生産開始
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Samsung NC10 - motherboard - Intel N270 SLB73-92756.jpg (ja)
  • Intel_Atom_Logo_2020.png (ja)
  • Samsung NC10 - motherboard - Intel N270 SLB73-92756.jpg (ja)
  • Intel_Atom_Logo_2020.png (ja)
prop-ja:画像の説明
  • Atom N270 (ja)
  • 第11世代Intel Atomのロゴ (ja)
  • Atom N270 (ja)
  • 第11世代Intel Atomのロゴ (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • Intel Atom (インテル アトム、以下 "Atom") は、インテルが設計・製造する、主に携帯情報端末 (PDA) や低価格PC、組込みシステム向けのマイクロアーキテクチャ及びマイクロプロセッサ群である。 Atomは、インテルの製品分類でも特に低消費電力化が図られたLPIAと呼ばれるカテゴリに属している。LPIA製品としてはマイクロアーキテクチャから新規に開発された初めての製品である。米国時間2008年3月2日に発表され、その年の夏から順次出荷されている。 近年は Intel 64 に対応しているが、初期の製品に64ビット非対応で IA-32 の物もあった。メインストリームの製品との差別化のためか、64ビットと同時にVTに対応したモデルは以前は無かったが、近年はサーバ向けとしてそのようなラインナップも現れた。 (ja)
  • Intel Atom (インテル アトム、以下 "Atom") は、インテルが設計・製造する、主に携帯情報端末 (PDA) や低価格PC、組込みシステム向けのマイクロアーキテクチャ及びマイクロプロセッサ群である。 Atomは、インテルの製品分類でも特に低消費電力化が図られたLPIAと呼ばれるカテゴリに属している。LPIA製品としてはマイクロアーキテクチャから新規に開発された初めての製品である。米国時間2008年3月2日に発表され、その年の夏から順次出荷されている。 近年は Intel 64 に対応しているが、初期の製品に64ビット非対応で IA-32 の物もあった。メインストリームの製品との差別化のためか、64ビットと同時にVTに対応したモデルは以前は無かったが、近年はサーバ向けとしてそのようなラインナップも現れた。 (ja)
rdfs:label
  • Intel Atom (ja)
  • Intel Atom (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:platform of
is prop-ja:processor of
is prop-ja:マイクロアーキテクチャ of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of