HighMAT(ハイマット)はHigh Performance Media Access Technologyの略語で、音声・画像・動画のデジタルデータをパーソナルコンピュータを利用してCD-RやCD-RWなどのメディアに記録するための規格の事。松下電器産業(現:パナソニック)とマイクロソフトが2002年に共同開発した。

Property Value
dbo:abstract
  • HighMAT(ハイマット)はHigh Performance Media Access Technologyの略語で、音声・画像・動画のデジタルデータをパーソナルコンピュータを利用してCD-RやCD-RWなどのメディアに記録するための規格の事。松下電器産業(現:パナソニック)とマイクロソフトが2002年に共同開発した。 (ja)
  • HighMAT(ハイマット)はHigh Performance Media Access Technologyの略語で、音声・画像・動画のデジタルデータをパーソナルコンピュータを利用してCD-RやCD-RWなどのメディアに記録するための規格の事。松下電器産業(現:パナソニック)とマイクロソフトが2002年に共同開発した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 834371 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1548 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 61387018 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20030620065640 (xsd:decimal)
  • 20030621214609 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • HighMAT-Windows Media Technologies (ja)
  • What's HighMAT (ja)
  • HighMAT-Windows Media Technologies (ja)
  • What's HighMAT (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • HighMAT(ハイマット)はHigh Performance Media Access Technologyの略語で、音声・画像・動画のデジタルデータをパーソナルコンピュータを利用してCD-RやCD-RWなどのメディアに記録するための規格の事。松下電器産業(現:パナソニック)とマイクロソフトが2002年に共同開発した。 (ja)
  • HighMAT(ハイマット)はHigh Performance Media Access Technologyの略語で、音声・画像・動画のデジタルデータをパーソナルコンピュータを利用してCD-RやCD-RWなどのメディアに記録するための規格の事。松下電器産業(現:パナソニック)とマイクロソフトが2002年に共同開発した。 (ja)
rdfs:label
  • HighMAT (ja)
  • HighMAT (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of