Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)は、IPv4ネットワークで使用されるネットワーク管理プロトコルであり、コンピュータがネットワークに接続する際に必要な設定情報を自動的に割り当てるために使用する。BOOTPにリース機能を追加してDHCPとなっている。 DHCPサーバは、IPアドレス等のネットワーク構成設定をネットワーク上の各デバイスにに割り当て、他のIPネットワークと通信できるようにする。DHCPサーバを使用すると、コンピュータは自動的にIPアドレスとネットワーク設定を要求でき、ネットワーク管理者やエンドユーザが全てのネットワークデバイスに手動でIPアドレスを割り当てる必要がなくなる。 DHCPは、から大規模な、地域のインターネットサービスプロバイダネットワークまで、様々な規模のネットワークに実装できる。ほとんどのルータまたはホームゲートウェイは、DHCPサーバとして機能させることができ、ローカルネットワーク内において、ネットワークに接続されている各デバイスにローカルIPアドレスを割り当てることができる。

Property Value
dbo:abstract
  • Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)は、IPv4ネットワークで使用されるネットワーク管理プロトコルであり、コンピュータがネットワークに接続する際に必要な設定情報を自動的に割り当てるために使用する。BOOTPにリース機能を追加してDHCPとなっている。 DHCPサーバは、IPアドレス等のネットワーク構成設定をネットワーク上の各デバイスにに割り当て、他のIPネットワークと通信できるようにする。DHCPサーバを使用すると、コンピュータは自動的にIPアドレスとネットワーク設定を要求でき、ネットワーク管理者やエンドユーザが全てのネットワークデバイスに手動でIPアドレスを割り当てる必要がなくなる。 DHCPは、から大規模な、地域のインターネットサービスプロバイダネットワークまで、様々な規模のネットワークに実装できる。ほとんどのルータまたはホームゲートウェイは、DHCPサーバとして機能させることができ、ローカルネットワーク内において、ネットワークに接続されている各デバイスにローカルIPアドレスを割り当てることができる。 (ja)
  • Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)は、IPv4ネットワークで使用されるネットワーク管理プロトコルであり、コンピュータがネットワークに接続する際に必要な設定情報を自動的に割り当てるために使用する。BOOTPにリース機能を追加してDHCPとなっている。 DHCPサーバは、IPアドレス等のネットワーク構成設定をネットワーク上の各デバイスにに割り当て、他のIPネットワークと通信できるようにする。DHCPサーバを使用すると、コンピュータは自動的にIPアドレスとネットワーク設定を要求でき、ネットワーク管理者やエンドユーザが全てのネットワークデバイスに手動でIPアドレスを割り当てる必要がなくなる。 DHCPは、から大規模な、地域のインターネットサービスプロバイダネットワークまで、様々な規模のネットワークに実装できる。ほとんどのルータまたはホームゲートウェイは、DHCPサーバとして機能させることができ、ローカルネットワーク内において、ネットワークに接続されている各デバイスにローカルIPアドレスを割り当てることができる。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 10834 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 35425 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88237403 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:basedOn
prop-ja:influenced
prop-ja:isStack
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:osilayer
prop-ja:ports
  • 67 (xsd:integer)
  • 68 (xsd:integer)
prop-ja:purpose
  • コンピュータがネットワークに接続する際に必要な設定情報の自動的な割り当て (ja)
  • コンピュータがネットワークに接続する際に必要な設定情報の自動的な割り当て (ja)
prop-ja:rfcs
  • RFC 2131 (ja)
  • RFC 2131 (ja)
prop-ja:title
  • Dynamic Host Configuration Protocol (ja)
  • Dynamic Host Configuration Protocol (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)は、IPv4ネットワークで使用されるネットワーク管理プロトコルであり、コンピュータがネットワークに接続する際に必要な設定情報を自動的に割り当てるために使用する。BOOTPにリース機能を追加してDHCPとなっている。 DHCPサーバは、IPアドレス等のネットワーク構成設定をネットワーク上の各デバイスにに割り当て、他のIPネットワークと通信できるようにする。DHCPサーバを使用すると、コンピュータは自動的にIPアドレスとネットワーク設定を要求でき、ネットワーク管理者やエンドユーザが全てのネットワークデバイスに手動でIPアドレスを割り当てる必要がなくなる。 DHCPは、から大規模な、地域のインターネットサービスプロバイダネットワークまで、様々な規模のネットワークに実装できる。ほとんどのルータまたはホームゲートウェイは、DHCPサーバとして機能させることができ、ローカルネットワーク内において、ネットワークに接続されている各デバイスにローカルIPアドレスを割り当てることができる。 (ja)
  • Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)は、IPv4ネットワークで使用されるネットワーク管理プロトコルであり、コンピュータがネットワークに接続する際に必要な設定情報を自動的に割り当てるために使用する。BOOTPにリース機能を追加してDHCPとなっている。 DHCPサーバは、IPアドレス等のネットワーク構成設定をネットワーク上の各デバイスにに割り当て、他のIPネットワークと通信できるようにする。DHCPサーバを使用すると、コンピュータは自動的にIPアドレスとネットワーク設定を要求でき、ネットワーク管理者やエンドユーザが全てのネットワークデバイスに手動でIPアドレスを割り当てる必要がなくなる。 DHCPは、から大規模な、地域のインターネットサービスプロバイダネットワークまで、様々な規模のネットワークに実装できる。ほとんどのルータまたはホームゲートウェイは、DHCPサーバとして機能させることができ、ローカルネットワーク内において、ネットワークに接続されている各デバイスにローカルIPアドレスを割り当てることができる。 (ja)
rdfs:label
  • Dynamic Host Configuration Protocol (ja)
  • Dynamic Host Configuration Protocol (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of