ASM-3は、防衛装備庁が開発した超音速飛翔の空対艦ミサイル(対艦誘導弾)。開発中はXASM-3と呼称されていた。2018年(平成30年)1月に開発完了が報道されたが、すぐには量産配備には至らず、さらに改良を加えたASM-3Aを2021年(令和3年)度に取得開始、さらに射程延伸型のASM-3(改)の開発を2020年(令和2年)度から2025年(令和7年)度まで行う予定である。

Property Value
dbo:abstract
  • ASM-3は、防衛装備庁が開発した超音速飛翔の空対艦ミサイル(対艦誘導弾)。開発中はXASM-3と呼称されていた。2018年(平成30年)1月に開発完了が報道されたが、すぐには量産配備には至らず、さらに改良を加えたASM-3Aを2021年(令和3年)度に取得開始、さらに射程延伸型のASM-3(改)の開発を2020年(令和2年)度から2025年(令和7年)度まで行う予定である。 (ja)
  • ASM-3は、防衛装備庁が開発した超音速飛翔の空対艦ミサイル(対艦誘導弾)。開発中はXASM-3と呼称されていた。2018年(平成30年)1月に開発完了が報道されたが、すぐには量産配備には至らず、さらに改良を加えたASM-3Aを2021年(令和3年)度に取得開始、さらに射程延伸型のASM-3(改)の開発を2020年(令和2年)度から2025年(令和7年)度まで行う予定である。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1978142 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9425 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86815206 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ミサイル全長
  • 6.0m (ja)
  • 6.0m (ja)
prop-ja:ミサイル直径
  • 0.35m (ja)
  • 0.35m (ja)
prop-ja:ミサイル重量
  • 940.0
prop-ja:名称
  • ASM-3 (ja)
  • ASM-3 (ja)
prop-ja:射程
  • 百数十km - 200km (ja)
  • 百数十km - 200km (ja)
prop-ja:推進方式
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:設計
prop-ja:誘導方式
  • 慣性/GPS誘導(中間段階) + アクティブ/パッシブ複合誘導(終末段階) (ja)
  • 慣性/GPS誘導(中間段階) + アクティブ/パッシブ複合誘導(終末段階) (ja)
prop-ja:説明
  • XASM-3-E (ja)
  • XASM-3-E (ja)
prop-ja:飛翔速度
  • 最大マッハ3以上 (ja)
  • 最大マッハ3以上 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • ASM-3は、防衛装備庁が開発した超音速飛翔の空対艦ミサイル(対艦誘導弾)。開発中はXASM-3と呼称されていた。2018年(平成30年)1月に開発完了が報道されたが、すぐには量産配備には至らず、さらに改良を加えたASM-3Aを2021年(令和3年)度に取得開始、さらに射程延伸型のASM-3(改)の開発を2020年(令和2年)度から2025年(令和7年)度まで行う予定である。 (ja)
  • ASM-3は、防衛装備庁が開発した超音速飛翔の空対艦ミサイル(対艦誘導弾)。開発中はXASM-3と呼称されていた。2018年(平成30年)1月に開発完了が報道されたが、すぐには量産配備には至らず、さらに改良を加えたASM-3Aを2021年(令和3年)度に取得開始、さらに射程延伸型のASM-3(改)の開発を2020年(令和2年)度から2025年(令和7年)度まで行う予定である。 (ja)
rdfs:label
  • ASM-3 (ja)
  • ASM-3 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of