『13歳のハローワーク』(13さいのハローワーク、Job Guidance for the 13-year-olds and all triers)は、村上龍による日本の書籍。挿絵はイラストレーターのはまのゆか。514種の職業を百科全書、あるいはエッセイの体裁で紹介した内容。2003年12月に幻冬舎から刊行された。2010年3月には89の職業を追加した改訂版『新 13歳のハローワーク』が刊行された。 マスコミで取り上げられたり、学校で教材として採用されるなど大きな話題となり、累計発行部数で130万部を売り上げるミリオンセラーとなった。本作の内容に独自のストーリーを追加したメディアミックス作品も作られており、2008年5月29日には本作を題材にしたニンテンドーDS用のゲームソフトが発売されたほか、2012年1月13日から本作を題材としたテレビドラマが放送された。 タイトルに「ハローワーク」という名称を使用しているが、一般に「ハローワーク」と呼ばれている公共職業安定所 とは一切無関係である。

Property Value
dbo:abstract
  • 『13歳のハローワーク』(13さいのハローワーク、Job Guidance for the 13-year-olds and all triers)は、村上龍による日本の書籍。挿絵はイラストレーターのはまのゆか。514種の職業を百科全書、あるいはエッセイの体裁で紹介した内容。2003年12月に幻冬舎から刊行された。2010年3月には89の職業を追加した改訂版『新 13歳のハローワーク』が刊行された。 マスコミで取り上げられたり、学校で教材として採用されるなど大きな話題となり、累計発行部数で130万部を売り上げるミリオンセラーとなった。本作の内容に独自のストーリーを追加したメディアミックス作品も作られており、2008年5月29日には本作を題材にしたニンテンドーDS用のゲームソフトが発売されたほか、2012年1月13日から本作を題材としたテレビドラマが放送された。 タイトルに「ハローワーク」という名称を使用しているが、一般に「ハローワーク」と呼ばれている公共職業安定所 とは一切無関係である。 (ja)
  • 『13歳のハローワーク』(13さいのハローワーク、Job Guidance for the 13-year-olds and all triers)は、村上龍による日本の書籍。挿絵はイラストレーターのはまのゆか。514種の職業を百科全書、あるいはエッセイの体裁で紹介した内容。2003年12月に幻冬舎から刊行された。2010年3月には89の職業を追加した改訂版『新 13歳のハローワーク』が刊行された。 マスコミで取り上げられたり、学校で教材として採用されるなど大きな話題となり、累計発行部数で130万部を売り上げるミリオンセラーとなった。本作の内容に独自のストーリーを追加したメディアミックス作品も作られており、2008年5月29日には本作を題材にしたニンテンドーDS用のゲームソフトが発売されたほか、2012年1月13日から本作を題材としたテレビドラマが放送された。 タイトルに「ハローワーク」という名称を使用しているが、一般に「ハローワーク」と呼ばれている公共職業安定所 とは一切無関係である。 (ja)
dbo:author
dbo:country
dbo:illustrator
dbo:literaryGenre
dbo:mediaType
dbo:numberOfPages
  • 455 (xsd:positiveInteger)
dbo:publicationDate
  • 1930-01-01 (xsd:date)
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1120054 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5249 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81416696 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • ISBN 4-344-00429-9 (ja)
  • ISBN 4-344-00429-9 (ja)
prop-ja:illustrator
prop-ja:language
  • 日本語 (ja)
  • 日本語 (ja)
prop-ja:pages
  • 455 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 書物 (ja)
  • 書物 (ja)
prop-ja:published
  • --11-30
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:type
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『13歳のハローワーク』(13さいのハローワーク、Job Guidance for the 13-year-olds and all triers)は、村上龍による日本の書籍。挿絵はイラストレーターのはまのゆか。514種の職業を百科全書、あるいはエッセイの体裁で紹介した内容。2003年12月に幻冬舎から刊行された。2010年3月には89の職業を追加した改訂版『新 13歳のハローワーク』が刊行された。 マスコミで取り上げられたり、学校で教材として採用されるなど大きな話題となり、累計発行部数で130万部を売り上げるミリオンセラーとなった。本作の内容に独自のストーリーを追加したメディアミックス作品も作られており、2008年5月29日には本作を題材にしたニンテンドーDS用のゲームソフトが発売されたほか、2012年1月13日から本作を題材としたテレビドラマが放送された。 タイトルに「ハローワーク」という名称を使用しているが、一般に「ハローワーク」と呼ばれている公共職業安定所 とは一切無関係である。 (ja)
  • 『13歳のハローワーク』(13さいのハローワーク、Job Guidance for the 13-year-olds and all triers)は、村上龍による日本の書籍。挿絵はイラストレーターのはまのゆか。514種の職業を百科全書、あるいはエッセイの体裁で紹介した内容。2003年12月に幻冬舎から刊行された。2010年3月には89の職業を追加した改訂版『新 13歳のハローワーク』が刊行された。 マスコミで取り上げられたり、学校で教材として採用されるなど大きな話題となり、累計発行部数で130万部を売り上げるミリオンセラーとなった。本作の内容に独自のストーリーを追加したメディアミックス作品も作られており、2008年5月29日には本作を題材にしたニンテンドーDS用のゲームソフトが発売されたほか、2012年1月13日から本作を題材としたテレビドラマが放送された。 タイトルに「ハローワーク」という名称を使用しているが、一般に「ハローワーク」と呼ばれている公共職業安定所 とは一切無関係である。 (ja)
rdfs:label
  • 13歳のハローワーク (ja)
  • 13歳のハローワーク (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 13歳のハローワーク (ja)
  • 13歳のハローワーク (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of