藤原 忠綱(ふじわら の ただつな、生年不明 - 寿永2年(1183年))は、平安時代末期の武士。上総介・藤原忠清の嫡男。平氏政権の有力家人の一人。弟に、、景清がいる。 治承3年(1179年)11月、平清盛のクーデター(治承三年の政変)に伴う除目により左衛門少尉に任ぜられ、検非違使宣旨も受けた。翌年5月、平氏追討の兵を挙げた以仁王・源頼政の追討(以仁王の挙兵)にあたって源兼綱らを斬り、その勲功により従五位下に叙位され、それ以後、上総大夫判官と呼ばれた。寿永2年(1183年)、源義仲の追討にも参加したが、倶利伽羅峠の戦いで戦死した。

Property Value
dbo:abstract
  • 藤原 忠綱(ふじわら の ただつな、生年不明 - 寿永2年(1183年))は、平安時代末期の武士。上総介・藤原忠清の嫡男。平氏政権の有力家人の一人。弟に、、景清がいる。 治承3年(1179年)11月、平清盛のクーデター(治承三年の政変)に伴う除目により左衛門少尉に任ぜられ、検非違使宣旨も受けた。翌年5月、平氏追討の兵を挙げた以仁王・源頼政の追討(以仁王の挙兵)にあたって源兼綱らを斬り、その勲功により従五位下に叙位され、それ以後、上総大夫判官と呼ばれた。寿永2年(1183年)、源義仲の追討にも参加したが、倶利伽羅峠の戦いで戦死した。 (ja)
  • 藤原 忠綱(ふじわら の ただつな、生年不明 - 寿永2年(1183年))は、平安時代末期の武士。上総介・藤原忠清の嫡男。平氏政権の有力家人の一人。弟に、、景清がいる。 治承3年(1179年)11月、平清盛のクーデター(治承三年の政変)に伴う除目により左衛門少尉に任ぜられ、検非違使宣旨も受けた。翌年5月、平氏追討の兵を挙げた以仁王・源頼政の追討(以仁王の挙兵)にあたって源兼綱らを斬り、その勲功により従五位下に叙位され、それ以後、上総大夫判官と呼ばれた。寿永2年(1183年)、源義仲の追討にも参加したが、倶利伽羅峠の戦いで戦死した。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2190657 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 663 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 64514421 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • 藤原 忠綱(ふじわら の ただつな、生年不明 - 寿永2年(1183年))は、平安時代末期の武士。上総介・藤原忠清の嫡男。平氏政権の有力家人の一人。弟に、、景清がいる。 治承3年(1179年)11月、平清盛のクーデター(治承三年の政変)に伴う除目により左衛門少尉に任ぜられ、検非違使宣旨も受けた。翌年5月、平氏追討の兵を挙げた以仁王・源頼政の追討(以仁王の挙兵)にあたって源兼綱らを斬り、その勲功により従五位下に叙位され、それ以後、上総大夫判官と呼ばれた。寿永2年(1183年)、源義仲の追討にも参加したが、倶利伽羅峠の戦いで戦死した。 (ja)
  • 藤原 忠綱(ふじわら の ただつな、生年不明 - 寿永2年(1183年))は、平安時代末期の武士。上総介・藤原忠清の嫡男。平氏政権の有力家人の一人。弟に、、景清がいる。 治承3年(1179年)11月、平清盛のクーデター(治承三年の政変)に伴う除目により左衛門少尉に任ぜられ、検非違使宣旨も受けた。翌年5月、平氏追討の兵を挙げた以仁王・源頼政の追討(以仁王の挙兵)にあたって源兼綱らを斬り、その勲功により従五位下に叙位され、それ以後、上総大夫判官と呼ばれた。寿永2年(1183年)、源義仲の追討にも参加したが、倶利伽羅峠の戦いで戦死した。 (ja)
rdfs:label
  • 藤原忠綱 (秀郷流) (ja)
  • 藤原忠綱 (秀郷流) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:child of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of