『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』(せいアンナとせいぼしとようじせいヨハネ、伊: Cartone di sant'Anna)は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたドローイング。貼り合わされた8枚の紙に、木炭と、白黒のチョークで描かれた作品で、ロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している。その大きさから絵画作品の原寸大下絵として制作されたと考えられているが、このドローイングを直接の下絵としたレオナルドの作品は存在していない。 幼児キリストを抱く聖母マリアがその母である聖アンナの膝に座り、その右にキリストの従兄弟の幼児聖ヨハネが立っているという構図である。レオナルドの最初のミラノ時代末期にあたる1499年から1500年ごろ、あるいはフィレンツェとミラノを行き来していた1506年から1508年ごろにかけて描かれたと考えられている。多くの研究者が1506年から1508年説を支持しているが、『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』を所蔵しているナショナル・ギャラリーなどは1499年から1500年説を採用している。

Property Value
dbo:abstract
  • 『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』(せいアンナとせいぼしとようじせいヨハネ、伊: Cartone di sant'Anna)は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたドローイング。貼り合わされた8枚の紙に、木炭と、白黒のチョークで描かれた作品で、ロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している。その大きさから絵画作品の原寸大下絵として制作されたと考えられているが、このドローイングを直接の下絵としたレオナルドの作品は存在していない。 幼児キリストを抱く聖母マリアがその母である聖アンナの膝に座り、その右にキリストの従兄弟の幼児聖ヨハネが立っているという構図である。レオナルドの最初のミラノ時代末期にあたる1499年から1500年ごろ、あるいはフィレンツェとミラノを行き来していた1506年から1508年ごろにかけて描かれたと考えられている。多くの研究者が1506年から1508年説を支持しているが、『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』を所蔵しているナショナル・ギャラリーなどは1499年から1500年説を採用している。 (ja)
  • 『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』(せいアンナとせいぼしとようじせいヨハネ、伊: Cartone di sant'Anna)は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたドローイング。貼り合わされた8枚の紙に、木炭と、白黒のチョークで描かれた作品で、ロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している。その大きさから絵画作品の原寸大下絵として制作されたと考えられているが、このドローイングを直接の下絵としたレオナルドの作品は存在していない。 幼児キリストを抱く聖母マリアがその母である聖アンナの膝に座り、その右にキリストの従兄弟の幼児聖ヨハネが立っているという構図である。レオナルドの最初のミラノ時代末期にあたる1499年から1500年ごろ、あるいはフィレンツェとミラノを行き来していた1506年から1508年ごろにかけて描かれたと考えられている。多くの研究者が1506年から1508年説を支持しているが、『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』を所蔵しているナショナル・ギャラリーなどは1499年から1500年説を採用している。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Cartone di sant'Anna (ja)
  • Cartone di sant'Anna (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3238685 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8232 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 67081284 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ (ja)
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ (ja)
prop-ja:city
prop-ja:height
  • 141.500000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • Leonardo_da_Vinci_-_Virgin_and_Child_with_Ss_Anne_and_John_the_Baptist.jpg (ja)
  • Leonardo_da_Vinci_-_Virgin_and_Child_with_Ss_Anne_and_John_the_Baptist.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
  • イタリア語 (ja)
  • イタリア語 (ja)
prop-ja:otherTitle
  • Cartone di sant'Anna (ja)
  • Cartone di sant'Anna (ja)
prop-ja:paintingAlignment
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:title
  • 聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ (ja)
  • 聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ (ja)
prop-ja:type
prop-ja:width
  • 104.600000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1499 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』(せいアンナとせいぼしとようじせいヨハネ、伊: Cartone di sant'Anna)は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたドローイング。貼り合わされた8枚の紙に、木炭と、白黒のチョークで描かれた作品で、ロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している。その大きさから絵画作品の原寸大下絵として制作されたと考えられているが、このドローイングを直接の下絵としたレオナルドの作品は存在していない。 幼児キリストを抱く聖母マリアがその母である聖アンナの膝に座り、その右にキリストの従兄弟の幼児聖ヨハネが立っているという構図である。レオナルドの最初のミラノ時代末期にあたる1499年から1500年ごろ、あるいはフィレンツェとミラノを行き来していた1506年から1508年ごろにかけて描かれたと考えられている。多くの研究者が1506年から1508年説を支持しているが、『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』を所蔵しているナショナル・ギャラリーなどは1499年から1500年説を採用している。 (ja)
  • 『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』(せいアンナとせいぼしとようじせいヨハネ、伊: Cartone di sant'Anna)は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたドローイング。貼り合わされた8枚の紙に、木炭と、白黒のチョークで描かれた作品で、ロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している。その大きさから絵画作品の原寸大下絵として制作されたと考えられているが、このドローイングを直接の下絵としたレオナルドの作品は存在していない。 幼児キリストを抱く聖母マリアがその母である聖アンナの膝に座り、その右にキリストの従兄弟の幼児聖ヨハネが立っているという構図である。レオナルドの最初のミラノ時代末期にあたる1499年から1500年ごろ、あるいはフィレンツェとミラノを行き来していた1506年から1508年ごろにかけて描かれたと考えられている。多くの研究者が1506年から1508年説を支持しているが、『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』を所蔵しているナショナル・ギャラリーなどは1499年から1500年説を採用している。 (ja)
rdfs:label
  • 聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ (ja)
  • 聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ (ja)
  • 聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of