『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説で、野坂自身の戦争体験を題材とした作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた2つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。 『火垂るの墓』を原作とした同名タイトルの映画(アニメーション、実写)、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品も作られており、特にアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。イギリスで実写映画化が予定され、撮影は2014年から行われるはずだったが、結局、実現しなかった。

Property Value
dbo:abstract
  • 『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説で、野坂自身の戦争体験を題材とした作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた2つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。 『火垂るの墓』を原作とした同名タイトルの映画(アニメーション、実写)、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品も作られており、特にアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。イギリスで実写映画化が予定され、撮影は2014年から行われるはずだったが、結局、実現しなかった。 (ja)
  • 『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説で、野坂自身の戦争体験を題材とした作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた2つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。 『火垂るの墓』を原作とした同名タイトルの映画(アニメーション、実写)、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品も作られており、特にアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。イギリスで実写映画化が予定され、撮影は2014年から行われるはずだったが、結局、実現しなかった。 (ja)
dbo:basedOn
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:editing
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 52999 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 41962 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81203365 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:date
  • 20190330043628 (xsd:decimal)
prop-ja:edテーマ
prop-ja:portal
  • 文学 (ja)
  • 文学 (ja)
prop-ja:title
  • 野坂昭如と自伝小説 (ja)
  • 野坂昭如と自伝小説 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:上映時間
  • 88 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:主題歌
prop-ja:作品名
  • 火垂るの墓 (ja)
  • 火垂るの墓 (ja)
prop-ja:作者
prop-ja:公開
  • --04-16
  • --07-05
prop-ja:出演者
prop-ja:刊行
  • --03-25
prop-ja:初出
  • 『オール讀物』1967年10月号 (ja)
  • 『オール讀物』1967年10月号 (ja)
prop-ja:制作会社
prop-ja:制作局
prop-ja:原作
prop-ja:原題
  • Grave of the Fireflies (ja)
  • Grave of the Fireflies (ja)
prop-ja:受賞
  • 第58回(昭和42年度下半期)直木賞 (ja)
  • 第58回(昭和42年度下半期)直木賞 (ja)
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト (ja)
  • 公式サイト (ja)
prop-ja:撮影
prop-ja:放送分
  • 174 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:放送時間
  • 火曜21:00 - 23:54 (ja)
  • 火曜21:00 - 23:54 (ja)
prop-ja:放送期間
  • --11-01
prop-ja:放送枠
  • DRAMA COMPLEX (ja)
  • DRAMA COMPLEX (ja)
prop-ja:演出
prop-ja:画像
  • Hotaru no haka title.jpg (ja)
  • Hotaru no haka title.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:番組名
  • 火垂るの墓 (ja)
  • 火垂るの墓 (ja)
prop-ja:発表形態
  • 雑誌掲載 (ja)
  • 雑誌掲載 (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
prop-ja:製作総指揮
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:配給収入
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:音楽
prop-ja:題名
  • 火垂るの墓 (ja)
  • 火垂るの墓 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説で、野坂自身の戦争体験を題材とした作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた2つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。 『火垂るの墓』を原作とした同名タイトルの映画(アニメーション、実写)、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品も作られており、特にアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。イギリスで実写映画化が予定され、撮影は2014年から行われるはずだったが、結局、実現しなかった。 (ja)
  • 『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説で、野坂自身の戦争体験を題材とした作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた2つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。 『火垂るの墓』を原作とした同名タイトルの映画(アニメーション、実写)、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品も作られており、特にアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。イギリスで実写映画化が予定され、撮影は2014年から行われるはずだったが、結局、実現しなかった。 (ja)
rdfs:label
  • 火垂るの墓 (ja)
  • 火垂るの墓 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 火垂るの墓 (ja)
  • 火垂るの墓 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:starring of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:出演者 of
is foaf:primaryTopic of