尾久町(おぐまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在した町の一つ。1923年(大正12年)の町制施行によって誕生した。現在の荒川区北西部に当たる地域。 なお、1889年(明治22年)の市制町村制によって誕生した、前身である尾久村(おぐむら)についても合わせて記述する。また、元々鎌倉時代から室町時代には武蔵国豊島郡小具郷(おぐのさと、おぐごう)と呼ばれ、現在の荒川区東日暮里と台東区根岸、北区堀船のあたりも含む広大な地域であった。これについても本項で述べる。 また、一般的には1929年(昭和4年)開業のJR東日本(旧国鉄)尾久駅(読みは「おく」)のある北区昭和町(旧・滝野川町大字、の一部)も尾久地域(おぐちいき、おくちいき)として認識されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 尾久町(おぐまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在した町の一つ。1923年(大正12年)の町制施行によって誕生した。現在の荒川区北西部に当たる地域。 なお、1889年(明治22年)の市制町村制によって誕生した、前身である尾久村(おぐむら)についても合わせて記述する。また、元々鎌倉時代から室町時代には武蔵国豊島郡小具郷(おぐのさと、おぐごう)と呼ばれ、現在の荒川区東日暮里と台東区根岸、北区堀船のあたりも含む広大な地域であった。これについても本項で述べる。 また、一般的には1929年(昭和4年)開業のJR東日本(旧国鉄)尾久駅(読みは「おく」)のある北区昭和町(旧・滝野川町大字、の一部)も尾久地域(おぐちいき、おくちいき)として認識されている。 (ja)
  • 尾久町(おぐまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在した町の一つ。1923年(大正12年)の町制施行によって誕生した。現在の荒川区北西部に当たる地域。 なお、1889年(明治22年)の市制町村制によって誕生した、前身である尾久村(おぐむら)についても合わせて記述する。また、元々鎌倉時代から室町時代には武蔵国豊島郡小具郷(おぐのさと、おぐごう)と呼ばれ、現在の荒川区東日暮里と台東区根岸、北区堀船のあたりも含む広大な地域であった。これについても本項で述べる。 また、一般的には1929年(昭和4年)開業のJR東日本(旧国鉄)尾久駅(読みは「おく」)のある北区昭和町(旧・滝野川町大字、の一部)も尾久地域(おぐちいき、おくちいき)として認識されている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 766323 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6253 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79952280 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コード
  • 廃止時点で制度なし (ja)
  • 廃止時点で制度なし (ja)
prop-ja:シンボル名
  • その他のシンボル (ja)
  • その他のシンボル (ja)
prop-ja:人口
  • 73368 (xsd:integer)
prop-ja:人口の出典
  • 昭和5年国勢調査 (ja)
  • 昭和5年国勢調査 (ja)
prop-ja:人口の時点
  • --10-01
prop-ja:区分
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:廃止日
  • --10-01
prop-ja:廃止理由
prop-ja:廃止詳細
  • 尾久町、南千住町、日暮里町、三河島町→東京市荒川区 (ja)
  • 尾久町、南千住町、日暮里町、三河島町→東京市荒川区 (ja)
prop-ja:所在地
  • 北豊島郡尾久町大字上尾久2630番地 (ja)
  • 北豊島郡尾久町大字上尾久2630番地 (ja)
prop-ja:現在の自治体
  • 東京都荒川区 (ja)
  • 東京都荒川区 (ja)
prop-ja:自治体名
  • 尾久町 (ja)
  • 尾久町 (ja)
prop-ja:
prop-ja:都道府県
  • 東京府 (ja)
  • 東京府 (ja)
prop-ja:隣接自治体
prop-ja:面積
  • 2.480000 (xsd:double)
dct:subject
rdfs:comment
  • 尾久町(おぐまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在した町の一つ。1923年(大正12年)の町制施行によって誕生した。現在の荒川区北西部に当たる地域。 なお、1889年(明治22年)の市制町村制によって誕生した、前身である尾久村(おぐむら)についても合わせて記述する。また、元々鎌倉時代から室町時代には武蔵国豊島郡小具郷(おぐのさと、おぐごう)と呼ばれ、現在の荒川区東日暮里と台東区根岸、北区堀船のあたりも含む広大な地域であった。これについても本項で述べる。 また、一般的には1929年(昭和4年)開業のJR東日本(旧国鉄)尾久駅(読みは「おく」)のある北区昭和町(旧・滝野川町大字、の一部)も尾久地域(おぐちいき、おくちいき)として認識されている。 (ja)
  • 尾久町(おぐまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在した町の一つ。1923年(大正12年)の町制施行によって誕生した。現在の荒川区北西部に当たる地域。 なお、1889年(明治22年)の市制町村制によって誕生した、前身である尾久村(おぐむら)についても合わせて記述する。また、元々鎌倉時代から室町時代には武蔵国豊島郡小具郷(おぐのさと、おぐごう)と呼ばれ、現在の荒川区東日暮里と台東区根岸、北区堀船のあたりも含む広大な地域であった。これについても本項で述べる。 また、一般的には1929年(昭和4年)開業のJR東日本(旧国鉄)尾久駅(読みは「おく」)のある北区昭和町(旧・滝野川町大字、の一部)も尾久地域(おぐちいき、おくちいき)として認識されている。 (ja)
rdfs:label
  • 尾久町 (ja)
  • 尾久町 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:isPartOf of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:subdivisionName of
is prop-ja:廃止詳細 of
is prop-ja:隣接自治体 of
is foaf:primaryTopic of