小笠原流(おがさわらりゅう)は、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派。また兵法、煎茶道、茶道にも小笠原流を名乗るものがある。礼儀作法の流派として知名度の高い流派であるが、本来的には弓術・馬術・軍陣故実・礼法などの武家社会の故実(武家故実)全般を含む。 原型となったのは小笠原氏家伝の故実であり、室町時代中期以降、小笠原氏が武家社会における故実の指導的存在となったことから、同家の故実が武家全体に重んじられた。 「小笠原流」と呼称されるものは歴史上いくつか存在し、それぞれ内容や伝えた家系が異なるために区別が必要である(現存の関係団体の中には、自系統の来歴のみを述べ、別系統について触れないものもある)。また、小笠原流の歴史に関しては後世の創作や仮託が広く流布しているため、史実との峻別も必要である。大別すると以下の6種に分類できる。 本稿では1~4を中心に記述する。1.2.については参照。3.4.は参照。各家系の詳細は小笠原氏、赤沢氏 参照の事。

Property Value
dbo:abstract
  • 小笠原流(おがさわらりゅう)は、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派。また兵法、煎茶道、茶道にも小笠原流を名乗るものがある。礼儀作法の流派として知名度の高い流派であるが、本来的には弓術・馬術・軍陣故実・礼法などの武家社会の故実(武家故実)全般を含む。 原型となったのは小笠原氏家伝の故実であり、室町時代中期以降、小笠原氏が武家社会における故実の指導的存在となったことから、同家の故実が武家全体に重んじられた。 「小笠原流」と呼称されるものは歴史上いくつか存在し、それぞれ内容や伝えた家系が異なるために区別が必要である(現存の関係団体の中には、自系統の来歴のみを述べ、別系統について触れないものもある)。また、小笠原流の歴史に関しては後世の創作や仮託が広く流布しているため、史実との峻別も必要である。大別すると以下の6種に分類できる。 1. * 室町幕府奉公衆京都小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、諸礼法。 2. * 戦国時代の小笠原長時・貞慶父子による故実研究に始まり、各地に広がった故実礼法。特に江戸時代初期のの系統は民間はじめ武家社会にも広く普及した。 3. * 江戸幕府旗本小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、礼法の流派。もの。京都小笠原氏庶流の子孫である小笠原縫殿助家と、小笠原総領家庶流赤沢氏の子孫で小笠原に復姓した小笠原平兵衛家の2家が徳川氏に仕え故実を伝え、江戸中期に復興された流鏑馬等の諸儀式を支配した。明治維新前後に縫殿助家は絶えたが、平兵衛家が「弓馬術礼法小笠原流(小笠原教場)」の宗家として現在まで継承している。 4. * 兵法の一流派。室町時代の京都小笠原氏一族とされるが祖。 5. * 煎茶道の一流派。。 6. * 旧小倉藩主家である小笠原家総領家に伝わる茶道及び礼法の一流派。小笠原家茶道古流と小笠原流礼法。昭和時代に第32代小笠原忠統によって民間に広まった。 本稿では1~4を中心に記述する。1.2.については参照。3.4.は参照。各家系の詳細は小笠原氏、赤沢氏 参照の事。 (ja)
  • 小笠原流(おがさわらりゅう)は、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派。また兵法、煎茶道、茶道にも小笠原流を名乗るものがある。礼儀作法の流派として知名度の高い流派であるが、本来的には弓術・馬術・軍陣故実・礼法などの武家社会の故実(武家故実)全般を含む。 原型となったのは小笠原氏家伝の故実であり、室町時代中期以降、小笠原氏が武家社会における故実の指導的存在となったことから、同家の故実が武家全体に重んじられた。 「小笠原流」と呼称されるものは歴史上いくつか存在し、それぞれ内容や伝えた家系が異なるために区別が必要である(現存の関係団体の中には、自系統の来歴のみを述べ、別系統について触れないものもある)。また、小笠原流の歴史に関しては後世の創作や仮託が広く流布しているため、史実との峻別も必要である。大別すると以下の6種に分類できる。 1. * 室町幕府奉公衆京都小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、諸礼法。 2. * 戦国時代の小笠原長時・貞慶父子による故実研究に始まり、各地に広がった故実礼法。特に江戸時代初期のの系統は民間はじめ武家社会にも広く普及した。 3. * 江戸幕府旗本小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、礼法の流派。もの。京都小笠原氏庶流の子孫である小笠原縫殿助家と、小笠原総領家庶流赤沢氏の子孫で小笠原に復姓した小笠原平兵衛家の2家が徳川氏に仕え故実を伝え、江戸中期に復興された流鏑馬等の諸儀式を支配した。明治維新前後に縫殿助家は絶えたが、平兵衛家が「弓馬術礼法小笠原流(小笠原教場)」の宗家として現在まで継承している。 4. * 兵法の一流派。室町時代の京都小笠原氏一族とされるが祖。 5. * 煎茶道の一流派。。 6. * 旧小倉藩主家である小笠原家総領家に伝わる茶道及び礼法の一流派。小笠原家茶道古流と小笠原流礼法。昭和時代に第32代小笠原忠統によって民間に広まった。 本稿では1~4を中心に記述する。1.2.については参照。3.4.は参照。各家系の詳細は小笠原氏、赤沢氏 参照の事。 (ja)
  • 小笠原流(おがさわらりゅう)は、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派。また兵法、煎茶道、茶道にも小笠原流を名乗るものがある。礼儀作法の流派として知名度の高い流派であるが、本来的には弓術・馬術・軍陣故実・礼法などの武家社会の故実(武家故実)全般を含む。 原型となったのは小笠原氏家伝の故実であり、室町時代中期以降、小笠原氏が武家社会における故実の指導的存在となったことから、同家の故実が武家全体に重んじられた。 「小笠原流」と呼称されるものは歴史上いくつか存在し、それぞれ内容や伝えた家系が異なるために区別が必要である(現存の関係団体の中には、自系統の来歴のみを述べ、別系統について触れないものもある)。また、小笠原流の歴史に関しては後世の創作や仮託が広く流布しているため、史実との峻別も必要である。大別すると以下の6種に分類できる。 1. * 室町幕府奉公衆京都小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、諸礼法。 2. * 戦国時代の小笠原長時・貞慶父子による故実研究に始まり、各地に広がった故実礼法。特に江戸時代初期のの系統は民間はじめ武家社会にも広く普及した。 3. * 江戸幕府旗本小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、礼法の流派。もの。京都小笠原氏庶流の子孫である小笠原縫殿助家と、小笠原総領家庶流赤沢氏の子孫で小笠原に復姓した小笠原平兵衛家の2家が徳川氏に仕え故実を伝え、江戸中期に復興された流鏑馬等の諸儀式を支配した。明治維新前後に縫殿助家は絶えたが、平兵衛家が「弓馬術礼法小笠原流(小笠原教場)」の宗家として現在まで継承している。 4. * 兵法の一流派。室町時代の京都小笠原氏一族とされるが祖。 5. * 煎茶道の一流派。。 6. * 旧小倉藩主家である小笠原家総領家に伝わる茶道及び礼法の一流派。小笠原家茶道古流と小笠原流礼法。昭和時代に第32代小笠原忠統によって民間に広まった。 本稿では1~4を中心に記述する。1.2.については参照。3.4.は参照。各家系の詳細は小笠原氏、赤沢氏 参照の事。 (ja)
  • 小笠原流(おがさわらりゅう)は、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派。また兵法、煎茶道、茶道にも小笠原流を名乗るものがある。礼儀作法の流派として知名度の高い流派であるが、本来的には弓術・馬術・軍陣故実・礼法などの武家社会の故実(武家故実)全般を含む。 原型となったのは小笠原氏家伝の故実であり、室町時代中期以降、小笠原氏が武家社会における故実の指導的存在となったことから、同家の故実が武家全体に重んじられた。 「小笠原流」と呼称されるものは歴史上いくつか存在し、それぞれ内容や伝えた家系が異なるために区別が必要である(現存の関係団体の中には、自系統の来歴のみを述べ、別系統について触れないものもある)。また、小笠原流の歴史に関しては後世の創作や仮託が広く流布しているため、史実との峻別も必要である。大別すると以下の6種に分類できる。 1. * 室町幕府奉公衆京都小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、諸礼法。 2. * 戦国時代の小笠原長時・貞慶父子による故実研究に始まり、各地に広がった故実礼法。特に江戸時代初期のの系統は民間はじめ武家社会にも広く普及した。 3. * 江戸幕府旗本小笠原氏による武家故実、弓術、馬術、礼法の流派。もの。京都小笠原氏庶流の子孫である小笠原縫殿助家と、小笠原総領家庶流赤沢氏の子孫で小笠原に復姓した小笠原平兵衛家の2家が徳川氏に仕え故実を伝え、江戸中期に復興された流鏑馬等の諸儀式を支配した。明治維新前後に縫殿助家は絶えたが、平兵衛家が「弓馬術礼法小笠原流(小笠原教場)」の宗家として現在まで継承している。 4. * 兵法の一流派。室町時代の京都小笠原氏一族とされるが祖。 5. * 煎茶道の一流派。。 6. * 旧小倉藩主家である小笠原家総領家に伝わる茶道及び礼法の一流派。小笠原家茶道古流と小笠原流礼法。昭和時代に第32代小笠原忠統によって民間に広まった。 本稿では1~4を中心に記述する。1.2.については参照。3.4.は参照。各家系の詳細は小笠原氏、赤沢氏 参照の事。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 633343 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8232 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 8437 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81459244 (xsd:integer)
  • 85434130 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20130427093330 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • 小笠原流鎌倉古式弓道保存会 (ja)
  • 小笠原流鎌倉古式弓道保存会 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 小笠原流(おがさわらりゅう)は、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派。また兵法、煎茶道、茶道にも小笠原流を名乗るものがある。礼儀作法の流派として知名度の高い流派であるが、本来的には弓術・馬術・軍陣故実・礼法などの武家社会の故実(武家故実)全般を含む。 原型となったのは小笠原氏家伝の故実であり、室町時代中期以降、小笠原氏が武家社会における故実の指導的存在となったことから、同家の故実が武家全体に重んじられた。 「小笠原流」と呼称されるものは歴史上いくつか存在し、それぞれ内容や伝えた家系が異なるために区別が必要である(現存の関係団体の中には、自系統の来歴のみを述べ、別系統について触れないものもある)。また、小笠原流の歴史に関しては後世の創作や仮託が広く流布しているため、史実との峻別も必要である。大別すると以下の6種に分類できる。 本稿では1~4を中心に記述する。1.2.については参照。3.4.は参照。各家系の詳細は小笠原氏、赤沢氏 参照の事。 (ja)
  • 小笠原流(おがさわらりゅう)は、武家故実(弓馬故実)、弓術、馬術、礼法の流派。また兵法、煎茶道、茶道にも小笠原流を名乗るものがある。礼儀作法の流派として知名度の高い流派であるが、本来的には弓術・馬術・軍陣故実・礼法などの武家社会の故実(武家故実)全般を含む。 原型となったのは小笠原氏家伝の故実であり、室町時代中期以降、小笠原氏が武家社会における故実の指導的存在となったことから、同家の故実が武家全体に重んじられた。 「小笠原流」と呼称されるものは歴史上いくつか存在し、それぞれ内容や伝えた家系が異なるために区別が必要である(現存の関係団体の中には、自系統の来歴のみを述べ、別系統について触れないものもある)。また、小笠原流の歴史に関しては後世の創作や仮託が広く流布しているため、史実との峻別も必要である。大別すると以下の6種に分類できる。 本稿では1~4を中心に記述する。1.2.については参照。3.4.は参照。各家系の詳細は小笠原氏、赤沢氏 参照の事。 (ja)
rdfs:label
  • 小笠原流 (ja)
  • 小笠原流 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:流派 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of