大村 由己(おおむら ゆうこ、天文7年(1536年)? - 慶長元年5月7日(1596年6月2日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての学者・著述家。播磨国三木の出身。号は藻虫斎梅庵。初め僧籍にあったが、還俗して豊臣秀吉に御伽衆として仕えた。秀吉の伝記である『天正記』の著者として知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 大村 由己(おおむら ゆうこ、天文7年(1536年)? - 慶長元年5月7日(1596年6月2日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての学者・著述家。播磨国三木の出身。号は藻虫斎梅庵。初め僧籍にあったが、還俗して豊臣秀吉に御伽衆として仕えた。秀吉の伝記である『天正記』の著者として知られる。 (ja)
  • 大村 由己(おおむら ゆうこ、天文7年(1536年)? - 慶長元年5月7日(1596年6月2日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての学者・著述家。播磨国三木の出身。号は藻虫斎梅庵。初め僧籍にあったが、還俗して豊臣秀吉に御伽衆として仕えた。秀吉の伝記である『天正記』の著者として知られる。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathPlace
dbo:genre
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1414623 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3144 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78158882 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 天文7年(1536年)? (ja)
  • 天文7年(1536年)? (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 播磨国三木 (ja)
  • 播磨国三木 (ja)
prop-ja:caption
  • 石像 (ja)
  • 石像 (ja)
prop-ja:deathDate
  • --05-07
prop-ja:deathPlace
  • 摂津国天満天神 (ja)
  • 摂津国天満天神 (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:name
  • 大村由己 (ja)
  • 大村由己 (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『天正記』 (ja)
  • 『天正記』 (ja)
prop-ja:occupation
  • 著述家 (ja)
  • 著述家 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大村 由己(おおむら ゆうこ、天文7年(1536年)? - 慶長元年5月7日(1596年6月2日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての学者・著述家。播磨国三木の出身。号は藻虫斎梅庵。初め僧籍にあったが、還俗して豊臣秀吉に御伽衆として仕えた。秀吉の伝記である『天正記』の著者として知られる。 (ja)
  • 大村 由己(おおむら ゆうこ、天文7年(1536年)? - 慶長元年5月7日(1596年6月2日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての学者・著述家。播磨国三木の出身。号は藻虫斎梅庵。初め僧籍にあったが、還俗して豊臣秀吉に御伽衆として仕えた。秀吉の伝記である『天正記』の著者として知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 大村由己 (ja)
  • 大村由己 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大村由己 (ja)
  • 大村由己 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of