塩谷 朝業(しおのや ともなり)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・御家人・歌人。宇都宮成綱の子。母は平忠正の長子の新院蔵人長盛(新院は崇徳天皇の事)の娘。実父と養父の名を取って朝業と名乗る。下野宇都宮氏の生まれだが、当代の清和源氏流塩谷氏当主朝義に子が無かったことから、朝義の娘婿となり塩谷氏の名跡を継ぐ。系図では、子に塩谷親朝、笠間時朝、26歳で出家して親鸞の弟子となった塩谷朝貞(賢快・肥前法師)、三人の男子の間に一人ずつ娘(第二子、第四子)がいる。

Property Value
dbo:abstract
  • 塩谷 朝業(しおのや ともなり)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・御家人・歌人。宇都宮成綱の子。母は平忠正の長子の新院蔵人長盛(新院は崇徳天皇の事)の娘。実父と養父の名を取って朝業と名乗る。下野宇都宮氏の生まれだが、当代の清和源氏流塩谷氏当主朝義に子が無かったことから、朝義の娘婿となり塩谷氏の名跡を継ぐ。系図では、子に塩谷親朝、笠間時朝、26歳で出家して親鸞の弟子となった塩谷朝貞(賢快・肥前法師)、三人の男子の間に一人ずつ娘(第二子、第四子)がいる。 (ja)
  • 塩谷 朝業(しおのや ともなり)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・御家人・歌人。宇都宮成綱の子。母は平忠正の長子の新院蔵人長盛(新院は崇徳天皇の事)の娘。実父と養父の名を取って朝業と名乗る。下野宇都宮氏の生まれだが、当代の清和源氏流塩谷氏当主朝義に子が無かったことから、朝義の娘婿となり塩谷氏の名跡を継ぐ。系図では、子に塩谷親朝、笠間時朝、26歳で出家して親鸞の弟子となった塩谷朝貞(賢快・肥前法師)、三人の男子の間に一人ずつ娘(第二子、第四子)がいる。 (ja)
dbo:alias
  • 竹千代(幼名)→塩谷朝業→信生法師→信阿弥陀仏 (ja)
  • 四郎、五郎(吾妻鏡) (ja)
  • 長興信生大禅定門 (ja)
  • 竹千代(幼名)→塩谷朝業→信生法師→信阿弥陀仏 (ja)
  • 四郎、五郎(吾妻鏡) (ja)
  • 長興信生大禅定門 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:wikiPageID
  • 1503615 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3769 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 84561009 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 四郎、五郎(吾妻鏡) (ja)
  • 四郎、五郎(吾妻鏡) (ja)
prop-ja:
  • 塩谷朝義女 (ja)
  • 塩谷朝義女 (ja)
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 従五位下、兵衛尉、周防守、民部大輔 (ja)
  • 従五位下、兵衛尉、周防守、民部大輔 (ja)
prop-ja:幕府
prop-ja:戒名
  • 長興信生大禅定門 (ja)
  • 長興信生大禅定門 (ja)
prop-ja:改名
  • 竹千代(幼名)→塩谷朝業→信生法師→信阿弥陀仏 (ja)
  • 竹千代(幼名)→塩谷朝業→信生法師→信阿弥陀仏 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --10-07
prop-ja:氏名
  • 塩谷朝業 (ja)
  • 塩谷朝業 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:宇都宮成綱、母:新院蔵人平長盛女 (ja)
  • 養父:塩谷朝義 (ja)
  • 父:宇都宮成綱、母:新院蔵人平長盛女 (ja)
  • 養父:塩谷朝義 (ja)
prop-ja:生誕
  • --01-24
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 塩谷 朝業(しおのや ともなり)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・御家人・歌人。宇都宮成綱の子。母は平忠正の長子の新院蔵人長盛(新院は崇徳天皇の事)の娘。実父と養父の名を取って朝業と名乗る。下野宇都宮氏の生まれだが、当代の清和源氏流塩谷氏当主朝義に子が無かったことから、朝義の娘婿となり塩谷氏の名跡を継ぐ。系図では、子に塩谷親朝、笠間時朝、26歳で出家して親鸞の弟子となった塩谷朝貞(賢快・肥前法師)、三人の男子の間に一人ずつ娘(第二子、第四子)がいる。 (ja)
  • 塩谷 朝業(しおのや ともなり)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・御家人・歌人。宇都宮成綱の子。母は平忠正の長子の新院蔵人長盛(新院は崇徳天皇の事)の娘。実父と養父の名を取って朝業と名乗る。下野宇都宮氏の生まれだが、当代の清和源氏流塩谷氏当主朝義に子が無かったことから、朝義の娘婿となり塩谷氏の名跡を継ぐ。系図では、子に塩谷親朝、笠間時朝、26歳で出家して親鸞の弟子となった塩谷朝貞(賢快・肥前法師)、三人の男子の間に一人ずつ娘(第二子、第四子)がいる。 (ja)
rdfs:label
  • 塩谷朝業 (ja)
  • 塩谷朝業 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 塩谷朝業 (ja)
  • 塩谷朝業 (ja)
is dbo:child of
is dbo:parent of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is prop-ja:家祖 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of