シクストゥス4世(Sixtus IV、1414年7月21日 - 1484年8月12日)はルネサンス期のローマ教皇(在位:1471年 - 1484年)。本名はフランチェスコ・デッラ・ローヴェレ(Francesco della Rovere)。 ルネサンス教皇の典型ともいえる存在で、自らの名前に因んだシスティーナ礼拝堂を建設し、そこへ幾多の芸術家を招聘して初期ルネサンス芸術の成果をローマに導入した(ミケランジェロの有名な天井画は後の時代に付け加えられたものである)。政治的には失政が多く、イタリアに無用の戦争と混乱をもたらした。後に甥のジュリアーノも教皇の座につき、ユリウス2世を名乗ることになる。

Property Value
dbo:abstract
  • シクストゥス4世(Sixtus IV、1414年7月21日 - 1484年8月12日)はルネサンス期のローマ教皇(在位:1471年 - 1484年)。本名はフランチェスコ・デッラ・ローヴェレ(Francesco della Rovere)。 ルネサンス教皇の典型ともいえる存在で、自らの名前に因んだシスティーナ礼拝堂を建設し、そこへ幾多の芸術家を招聘して初期ルネサンス芸術の成果をローマに導入した(ミケランジェロの有名な天井画は後の時代に付け加えられたものである)。政治的には失政が多く、イタリアに無用の戦争と混乱をもたらした。後に甥のジュリアーノも教皇の座につき、ユリウス2世を名乗ることになる。 (ja)
  • シクストゥス4世(Sixtus IV、1414年7月21日 - 1484年8月12日)はルネサンス期のローマ教皇(在位:1471年 - 1484年)。本名はフランチェスコ・デッラ・ローヴェレ(Francesco della Rovere)。 ルネサンス教皇の典型ともいえる存在で、自らの名前に因んだシスティーナ礼拝堂を建設し、そこへ幾多の芸術家を招聘して初期ルネサンス芸術の成果をローマに導入した(ミケランジェロの有名な天井画は後の時代に付け加えられたものである)。政治的には失政が多く、イタリアに無用の戦争と混乱をもたらした。後に甥のジュリアーノも教皇の座につき、ユリウス2世を名乗ることになる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 150609 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3974 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81270910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • 第212代ローマ教皇 (ja)
  • 第212代ローマ教皇 (ja)
prop-ja:先代
prop-ja:就任
  • --08-09
prop-ja:日本語名
  • シクストゥス4世 (ja)
  • Sixtus IV (ja)
  • シクストゥス4世 (ja)
  • Sixtus IV (ja)
prop-ja:曖昧
  • シクストゥス (ja)
  • シクストゥス (ja)
prop-ja:本名
  • (ja)
  • フランチェスコ・デッラ・ローヴェレ (ja)
  • (ja)
  • フランチェスコ・デッラ・ローヴェレ (ja)
prop-ja:次代
prop-ja:没地
  • 、ローマ (ja)
  • 、ローマ (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1484-08-12 (xsd:date)
prop-ja:生地
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:生年月日
  • --07-21
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:離任
  • --08-12
dct:subject
rdfs:comment
  • シクストゥス4世(Sixtus IV、1414年7月21日 - 1484年8月12日)はルネサンス期のローマ教皇(在位:1471年 - 1484年)。本名はフランチェスコ・デッラ・ローヴェレ(Francesco della Rovere)。 ルネサンス教皇の典型ともいえる存在で、自らの名前に因んだシスティーナ礼拝堂を建設し、そこへ幾多の芸術家を招聘して初期ルネサンス芸術の成果をローマに導入した(ミケランジェロの有名な天井画は後の時代に付け加えられたものである)。政治的には失政が多く、イタリアに無用の戦争と混乱をもたらした。後に甥のジュリアーノも教皇の座につき、ユリウス2世を名乗ることになる。 (ja)
  • シクストゥス4世(Sixtus IV、1414年7月21日 - 1484年8月12日)はルネサンス期のローマ教皇(在位:1471年 - 1484年)。本名はフランチェスコ・デッラ・ローヴェレ(Francesco della Rovere)。 ルネサンス教皇の典型ともいえる存在で、自らの名前に因んだシスティーナ礼拝堂を建設し、そこへ幾多の芸術家を招聘して初期ルネサンス芸術の成果をローマに導入した(ミケランジェロの有名な天井画は後の時代に付け加えられたものである)。政治的には失政が多く、イタリアに無用の戦争と混乱をもたらした。後に甥のジュリアーノも教皇の座につき、ユリウス2世を名乗ることになる。 (ja)
rdfs:label
  • シクストゥス4世 (ローマ教皇) (ja)
  • シクストゥス4世 (ローマ教皇) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:列聖決定者 of
is prop-ja:次代 of
is foaf:primaryTopic of