Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Transistor-transistor logic transistor-transistor-logic (TTL) はバイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種。論理ゲート部分(ANDゲートなど)も増幅部分もトランジスタで実装されているため、(RTLやDTLとの対比で)このように呼ばれている。半導体を用いた論理回路の代表的なもののひとつであり、通常5V単一電源のモノリシック集積回路 (IC) ファミリとして、コンピュータ、産業用制御機械、測定機器、家電機器、シンセサイザーなど様々な用途で使われている。TTLという略称は、TTL互換論理レベルの意味で使われることもあり、TTL集積回路とは直接関係ないところでも使われている。例えば電子機器の入出力のラベルなどに表示することがある。DTLの改良品であり、1970年代にテキサス・インスツルメンツ社(以下 TI, Texas Instruments)の汎用ロジックICファミリ(74シリーズ)により広く普及した。標準シリーズから、高速版、低消費電力版、高速・低消費電力版などのバリエーションを広げ、初期のマイクロプロセッサの応用の広がりとともにさらに普及した。しかし、バイポーラトランジスタを使うため、消費電力が大きいことから高集積化・高速化には向かず、CMOS技術の発達に伴いディジタル回路の主力の座をCMOSに譲った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 14835 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57383659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Transistor-transistor logic transistor-transistor-logic (TTL) はバイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種。論理ゲート部分(ANDゲートなど)も増幅部分もトランジスタで実装されているため、(RTLやDTLとの対比で)このように呼ばれている。半導体を用いた論理回路の代表的なもののひとつであり、通常5V単一電源のモノリシック集積回路 (IC) ファミリとして、コンピュータ、産業用制御機械、測定機器、家電機器、シンセサイザーなど様々な用途で使われている。TTLという略称は、TTL互換論理レベルの意味で使われることもあり、TTL集積回路とは直接関係ないところでも使われている。例えば電子機器の入出力のラベルなどに表示することがある。DTLの改良品であり、1970年代にテキサス・インスツルメンツ社(以下 TI, Texas Instruments)の汎用ロジックICファミリ(74シリーズ)により広く普及した。標準シリーズから、高速版、低消費電力版、高速・低消費電力版などのバリエーションを広げ、初期のマイクロプロセッサの応用の広がりとともにさらに普及した。しかし、バイポーラトランジスタを使うため、消費電力が大きいことから高集積化・高速化には向かず、CMOS技術の発達に伴いディジタル回路の主力の座をCMOSに譲った。
rdfs:label
  • Transistor-transistor logic
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:arcadeSystem of
is foaf:primaryTopic of