Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス、PNG)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットである。としてDeflateを採用している、圧縮による画質の劣化のない可逆圧縮の画像ファイルフォーマットである。 1996年に登場し、可逆圧縮の画像フォーマットとして既に普及していたGIFに対しネットワーク経由での使用を想定した機能や透過処理など、多くの機能をサポートした。ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に普及した。 英語で/pɪŋ/と発音されることから、「ピング」や「ピン」と多く読まれる。

Property Value
dbo:abstract
  • Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス、PNG)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットである。としてDeflateを採用している、圧縮による画質の劣化のない可逆圧縮の画像ファイルフォーマットである。 1996年に登場し、可逆圧縮の画像フォーマットとして既に普及していたGIFに対しネットワーク経由での使用を想定した機能や透過処理など、多くの機能をサポートした。ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に普及した。 英語で/pɪŋ/と発音されることから、「ピング」や「ピン」と多く読まれる。 (ja)
  • Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス、PNG)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットである。としてDeflateを採用している、圧縮による画質の劣化のない可逆圧縮の画像ファイルフォーマットである。 1996年に登場し、可逆圧縮の画像フォーマットとして既に普及していたGIFに対しネットワーク経由での使用を想定した機能や透過処理など、多くの機能をサポートした。ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に普及した。 英語で/pɪŋ/と発音されることから、「ピング」や「ピン」と多く読まれる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3236 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12421 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80216717 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 上は、8ビット透明チャネルを含むPNG画像。下は、同じ画像を市松模様の背景の上に重ねたもの。市松模様は透明であることを示すためにグラフィックエディタなどでよく用いられる。 (ja)
  • 上は、8ビット透明チャネルを含むPNG画像。下は、同じ画像を市松模様の背景の上に重ねたもの。市松模様は透明であることを示すためにグラフィックエディタなどでよく用いられる。 (ja)
prop-ja:containerfor
prop-ja:extendedto
prop-ja:extension
  • .png (ja)
  • .png (ja)
prop-ja:genre
  • 可逆圧縮ビットマップ画像 (ja)
  • 可逆圧縮ビットマップ画像 (ja)
prop-ja:mime
  • image/png (ja)
  • image/png (ja)
prop-ja:name
  • Portable Network Graphics (ja)
  • Portable Network Graphics (ja)
prop-ja:owner
prop-ja:screenshot
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:standard
  • ISO 15948、IETF RFC 2083 (ja)
  • ISO 15948、IETF RFC 2083 (ja)
prop-ja:typecode
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:uniformType
  • public.png (ja)
  • public.png (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス、PNG)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットである。としてDeflateを採用している、圧縮による画質の劣化のない可逆圧縮の画像ファイルフォーマットである。 1996年に登場し、可逆圧縮の画像フォーマットとして既に普及していたGIFに対しネットワーク経由での使用を想定した機能や透過処理など、多くの機能をサポートした。ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に普及した。 英語で/pɪŋ/と発音されることから、「ピング」や「ピン」と多く読まれる。 (ja)
  • Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス、PNG)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットである。としてDeflateを採用している、圧縮による画質の劣化のない可逆圧縮の画像ファイルフォーマットである。 1996年に登場し、可逆圧縮の画像フォーマットとして既に普及していたGIFに対しネットワーク経由での使用を想定した機能や透過処理など、多くの機能をサポートした。ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に普及した。 英語で/pɪŋ/と発音されることから、「ピング」や「ピン」と多く読まれる。 (ja)
rdfs:label
  • Portable Network Graphics (ja)
  • Portable Network Graphics (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:containerFor of
is prop-ja:extendedfrom of
is prop-ja:成果 of
is foaf:primaryTopic of