HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つ。略してHTML(エイチティーエムエル)と呼ばれることが多い。SGMLを元に開発された。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。 2019年6月以降、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。

Property Value
dbo:abstract
  • HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つ。略してHTML(エイチティーエムエル)と呼ばれることが多い。SGMLを元に開発された。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。 2019年6月以降、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。 (ja)
  • HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つ。略してHTML(エイチティーエムエル)と呼ばれることが多い。SGMLを元に開発された。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。 2019年6月以降、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 9793 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15319 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77968400 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • HTMLコードの例。 (ja)
  • HTMLコードの例。 (ja)
prop-ja:extendedFrom
prop-ja:extendedTo
prop-ja:extension
  • .html, .htm (ja)
  • .html, .htm (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:mime
  • text/html (ja)
  • text/html (ja)
prop-ja:name
  • HTML (ja)
  • HTML (ja)
prop-ja:owner
prop-ja:screenshot
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:standard
  • 5.56032E7
prop-ja:typeCode
  • HTML (ja)
  • TEXT (ja)
  • HTML (ja)
  • TEXT (ja)
prop-ja:uniformType
  • public.html (ja)
  • public.html (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つ。略してHTML(エイチティーエムエル)と呼ばれることが多い。SGMLを元に開発された。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。 2019年6月以降、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。 (ja)
  • HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つ。略してHTML(エイチティーエムエル)と呼ばれることが多い。SGMLを元に開発された。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。 2019年6月以降、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。 (ja)
rdfs:label
  • HyperText Markup Language (ja)
  • HyperText Markup Language (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:influencedBy of
is dbo:programmingLanguage of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:extendedTo of
is prop-ja:extendedfrom of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:progLanguage of
is prop-ja:programmedIn of
is prop-ja:programmingLanguage of
is prop-ja:プログラミング言語 of
is prop-ja:影響を受けた言語 of
is prop-ja:種別 of
is foaf:primaryTopic of