Folding@home(フォールディング・アット・ホーム、FAH、F@hとも呼ばれる)は、タンパク質の動的なふるまいをシミュレートすることで、科学者が様々な疾患に対する新しい治療法を開発できるよう支援することを目的とした分散コンピューティングプロジェクトである。 これにはタンパク質の折り畳み(フォールディングと呼ばれる)やタンパク質の動きのプロセスが含まれており、ボランティアのパソコン上で実行される分子動力学シミュレーションに依存している。2000年10月1日にビジェイ・S・パンデ教授の指揮のもと、スタンフォード大学で発足した。2019年以降は、ワシントン大学セントルイス校医学部に拠点を置き、パンデ教授の元教え子であるグレッグ・ボーマン博士が指揮している。発足以来、直接の成果として200以上の科学研究論文を発表してきた。

Property Value
dbo:abstract
  • Folding@home(フォールディング・アット・ホーム、FAH、F@hとも呼ばれる)は、タンパク質の動的なふるまいをシミュレートすることで、科学者が様々な疾患に対する新しい治療法を開発できるよう支援することを目的とした分散コンピューティングプロジェクトである。 これにはタンパク質の折り畳み(フォールディングと呼ばれる)やタンパク質の動きのプロセスが含まれており、ボランティアのパソコン上で実行される分子動力学シミュレーションに依存している。2000年10月1日にビジェイ・S・パンデ教授の指揮のもと、スタンフォード大学で発足した。2019年以降は、ワシントン大学セントルイス校医学部に拠点を置き、パンデ教授の元教え子であるグレッグ・ボーマン博士が指揮している。発足以来、直接の成果として200以上の科学研究論文を発表してきた。 このプロジェクトでは、世界中にあるパーソナルコンピュータ、ゲーム機、スマートフォンの一部を、分散コンピューティング技術や科学研究のために利用している。参加者は、所有するマシンに専用ソフトウェアをインストールし、未使用時の処理資源を提供することでプロジェクトに貢献する。研究者は、本プロジェクトの成果であるタンパク質の解析情報を手がかりに有望なものとそうでないものとをスクリーニング(ふるい分け)することで、アルツハイマー病・ハンチントン病・パーキンソン病・癌(がん)・各種ウイルス対策などの研究効率を上げることができる。 Folding@homeは、分散コンピューティングモデルとしても先駆的な取り組みをしている。参加者のマシンはクライアントとして、それぞれシミュレーションの一部(ワークユニット、WU)を受け取り、計算により完成させ、プロジェクトのデータベース・サーバーに返す。先進的な統計シミュレーション手法を採用し、有力な予測結果をクライアント間で共有して効率を高める。個人やチームの計算累積をウェブサイトに掲示することで参加者の達成感や競争心を刺激し、積極的かつ長期的な貢献を促している。 Folding@homeは、世界最速の計算機システムの一つである。2020年2月末より新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で関心が高まる中、2020年3月下旬には本プロジェクトの演算能力は約1.22 E(エクサ)FLOPS(フロップス)、2020年4月中旬には約2.4 EFLOPSを達成し、世界初のエクサフロップ・コンピューティング・システムとなり、TOP500の全スーパーコンピュータの合算を上回る能力を獲得した。 研究者は、計算コストのかかるタンパク質の折りたたみに関する原子レベルのシミュレーションを、従来の数千倍の長い時間に渡って実行することが可能となった。このプロジェクトのシミュレーション結果は、実験の結果とよく一致している。 (ja)
  • Folding@home(フォールディング・アット・ホーム、FAH、F@hとも呼ばれる)は、タンパク質の動的なふるまいをシミュレートすることで、科学者が様々な疾患に対する新しい治療法を開発できるよう支援することを目的とした分散コンピューティングプロジェクトである。 これにはタンパク質の折り畳み(フォールディングと呼ばれる)やタンパク質の動きのプロセスが含まれており、ボランティアのパソコン上で実行される分子動力学シミュレーションに依存している。2000年10月1日にビジェイ・S・パンデ教授の指揮のもと、スタンフォード大学で発足した。2019年以降は、ワシントン大学セントルイス校医学部に拠点を置き、パンデ教授の元教え子であるグレッグ・ボーマン博士が指揮している。発足以来、直接の成果として200以上の科学研究論文を発表してきた。 このプロジェクトでは、世界中にあるパーソナルコンピュータ、ゲーム機、スマートフォンの一部を、分散コンピューティング技術や科学研究のために利用している。参加者は、所有するマシンに専用ソフトウェアをインストールし、未使用時の処理資源を提供することでプロジェクトに貢献する。研究者は、本プロジェクトの成果であるタンパク質の解析情報を手がかりに有望なものとそうでないものとをスクリーニング(ふるい分け)することで、アルツハイマー病・ハンチントン病・パーキンソン病・癌(がん)・各種ウイルス対策などの研究効率を上げることができる。 Folding@homeは、分散コンピューティングモデルとしても先駆的な取り組みをしている。参加者のマシンはクライアントとして、それぞれシミュレーションの一部(ワークユニット、WU)を受け取り、計算により完成させ、プロジェクトのデータベース・サーバーに返す。先進的な統計シミュレーション手法を採用し、有力な予測結果をクライアント間で共有して効率を高める。個人やチームの計算累積をウェブサイトに掲示することで参加者の達成感や競争心を刺激し、積極的かつ長期的な貢献を促している。 Folding@homeは、世界最速の計算機システムの一つである。2020年2月末より新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で関心が高まる中、2020年3月下旬には本プロジェクトの演算能力は約1.22 E(エクサ)FLOPS(フロップス)、2020年4月中旬には約2.4 EFLOPSを達成し、世界初のエクサフロップ・コンピューティング・システムとなり、TOP500の全スーパーコンピュータの合算を上回る能力を獲得した。 研究者は、計算コストのかかるタンパク質の折りたたみに関する原子レベルのシミュレーションを、従来の数千倍の長い時間に渡って実行することが可能となった。このプロジェクトのシミュレーション結果は、実験の結果とよく一致している。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 7.6.21
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1139575 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 42997 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81423742 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:footer
  • アルツハイマー病は、脳内のアミロイドβタンパク質断片の凝集と関連している。 研究者たちは、Folding@homeを使って、この病気の原因をよりよく理解するために、この凝集プロセスをシミュレートした。 (ja)
  • アルツハイマー病は、脳内のアミロイドβタンパク質断片の凝集と関連している。 研究者たちは、Folding@homeを使って、この病気の原因をよりよく理解するために、この凝集プロセスをシミュレートした。 (ja)
prop-ja:image
  • Amyloid 01big1.jpg (ja)
  • Amyloid 02big1.jpg (ja)
  • Amyloid 03big1.jpg (ja)
  • Amyloid 01big1.jpg (ja)
  • Amyloid 02big1.jpg (ja)
  • Amyloid 03big1.jpg (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:ロゴ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Folding@home (ja)
  • Folding@home (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:対応言語
  • 英語 (ja)
  • 英語 (ja)
prop-ja:最新版
  • 7.600000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
  • Pande Laboratory, ソニー, NVIDIA, ATI, Joseph Coffland, Cauldron Development (ja)
  • Pande Laboratory, ソニー, NVIDIA, ATI, Joseph Coffland, Cauldron Development (ja)
prop-ja:開発者
  • Vijay S. Pande (ja)
  • Vijay S. Pande (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Folding@home(フォールディング・アット・ホーム、FAH、F@hとも呼ばれる)は、タンパク質の動的なふるまいをシミュレートすることで、科学者が様々な疾患に対する新しい治療法を開発できるよう支援することを目的とした分散コンピューティングプロジェクトである。 これにはタンパク質の折り畳み(フォールディングと呼ばれる)やタンパク質の動きのプロセスが含まれており、ボランティアのパソコン上で実行される分子動力学シミュレーションに依存している。2000年10月1日にビジェイ・S・パンデ教授の指揮のもと、スタンフォード大学で発足した。2019年以降は、ワシントン大学セントルイス校医学部に拠点を置き、パンデ教授の元教え子であるグレッグ・ボーマン博士が指揮している。発足以来、直接の成果として200以上の科学研究論文を発表してきた。 (ja)
  • Folding@home(フォールディング・アット・ホーム、FAH、F@hとも呼ばれる)は、タンパク質の動的なふるまいをシミュレートすることで、科学者が様々な疾患に対する新しい治療法を開発できるよう支援することを目的とした分散コンピューティングプロジェクトである。 これにはタンパク質の折り畳み(フォールディングと呼ばれる)やタンパク質の動きのプロセスが含まれており、ボランティアのパソコン上で実行される分子動力学シミュレーションに依存している。2000年10月1日にビジェイ・S・パンデ教授の指揮のもと、スタンフォード大学で発足した。2019年以降は、ワシントン大学セントルイス校医学部に拠点を置き、パンデ教授の元教え子であるグレッグ・ボーマン博士が指揮している。発足以来、直接の成果として200以上の科学研究論文を発表してきた。 (ja)
rdfs:label
  • Folding@home (ja)
  • Folding@home (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Folding@home (ja)
  • Folding@home (ja)
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of