Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • "Colorless green ideas sleep furiously"(直訳: 無色の緑色の考えが猛烈に眠る)とは、ノーム・チョムスキーによる文である。1957年に『文法の構造』の中で、言語学から、文法的(統語論的)には正しいにもかかわらず、意味論的にはnonsenseである(en:nonsense、意味をなさない)文の例として考案された。初出は1955年の論文『言語理論の論理構造』(Logical Structures of Linguistic Theory)である。この文は文法的には正しいが、理解しうる明瞭な意味を導き出すことができない。従ってこの文は統語論と意味論との境界を明示している。カテゴリー錯誤の一例として、当時有力だった文法の確率モデルの不備を指摘し、より体系的なモデルの必要性を示すために使われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2600041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52090791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • "Colorless green ideas sleep furiously"(直訳: 無色の緑色の考えが猛烈に眠る)とは、ノーム・チョムスキーによる文である。1957年に『文法の構造』の中で、言語学から、文法的(統語論的)には正しいにもかかわらず、意味論的にはnonsenseである(en:nonsense、意味をなさない)文の例として考案された。初出は1955年の論文『言語理論の論理構造』(Logical Structures of Linguistic Theory)である。この文は文法的には正しいが、理解しうる明瞭な意味を導き出すことができない。従ってこの文は統語論と意味論との境界を明示している。カテゴリー錯誤の一例として、当時有力だった文法の確率モデルの不備を指摘し、より体系的なモデルの必要性を示すために使われた。
rdfs:label
  • Colorless green ideas sleep furiously
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of