6DoF(英語: six degrees of freedom)とは、3次元において剛体が取り得る動きの自由度のことである。具体的には、前または後・上または下・左または右に(別の言い方では3次元の直交座標系の軸に沿って)動くことができ、また直交座標系の3軸おのおのの周囲を回転できることを指す。回転については、航空機などの運動用語であるピッチング・ヨーイング・ローリングの各項も参照。

Property Value
dbo:abstract
  • 6DoF(英語: six degrees of freedom)とは、3次元において剛体が取り得る動きの自由度のことである。具体的には、前または後・上または下・左または右に(別の言い方では3次元の直交座標系の軸に沿って)動くことができ、また直交座標系の3軸おのおのの周囲を回転できることを指す。回転については、航空機などの運動用語であるピッチング・ヨーイング・ローリングの各項も参照。 (ja)
  • 6DoF(英語: six degrees of freedom)とは、3次元において剛体が取り得る動きの自由度のことである。具体的には、前または後・上または下・左または右に(別の言い方では3次元の直交座標系の軸に沿って)動くことができ、また直交座標系の3軸おのおのの周囲を回転できることを指す。回転については、航空機などの運動用語であるピッチング・ヨーイング・ローリングの各項も参照。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 3254546 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4352 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 73829182 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 6DoF(英語: six degrees of freedom)とは、3次元において剛体が取り得る動きの自由度のことである。具体的には、前または後・上または下・左または右に(別の言い方では3次元の直交座標系の軸に沿って)動くことができ、また直交座標系の3軸おのおのの周囲を回転できることを指す。回転については、航空機などの運動用語であるピッチング・ヨーイング・ローリングの各項も参照。 (ja)
  • 6DoF(英語: six degrees of freedom)とは、3次元において剛体が取り得る動きの自由度のことである。具体的には、前または後・上または下・左または右に(別の言い方では3次元の直交座標系の軸に沿って)動くことができ、また直交座標系の3軸おのおのの周囲を回転できることを指す。回転については、航空機などの運動用語であるピッチング・ヨーイング・ローリングの各項も参照。 (ja)
rdfs:label
  • 6DoF (ja)
  • 6DoF (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of