Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 金拍車の戦い(きんはくしゃのたたかい、フランス語:Bataille des éperons d'or)は、1302年7月11日にコルトレイクにおいてフランドルの都市連合軍がフランス軍を破った戦い。フランス王フィリップ4世がフランドルを併合しようとした1297年から1314年までの一連の戦争の中で起きた。戦場に騎士の象徴とされた金拍車が多く残されたため、この名がついた。地名を取ってコルトレイクの戦い(フランス語ではクールトレの戦い:Bataille de Courtrai)ともいう。ベルギーでは、フランドルの独立を守った戦いとして記憶されており、戦史的には中世ヨーロッパにおいて市民中心の歩兵軍が、初めて重装騎兵である騎士軍を破った戦いとして知られている。
dbpedia-owl:casualties
  • 100 (xsd:integer)
  • 1000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • フランス王国
  • フランドル伯国
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • フランドル伯国の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 8000
  • 9000
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 799123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54016453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 金拍車の戦い
prop-ja:casualties
  • 100 (xsd:integer)
  • 1000 (xsd:integer)
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:date
  • --07-11
prop-ja:place
prop-ja:result
  • フランドル伯国の勝利
prop-ja:strength
  • 8000 (xsd:integer)
  • 9000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 金拍車の戦い(きんはくしゃのたたかい、フランス語:Bataille des éperons d'or)は、1302年7月11日にコルトレイクにおいてフランドルの都市連合軍がフランス軍を破った戦い。フランス王フィリップ4世がフランドルを併合しようとした1297年から1314年までの一連の戦争の中で起きた。戦場に騎士の象徴とされた金拍車が多く残されたため、この名がついた。地名を取ってコルトレイクの戦い(フランス語ではクールトレの戦い:Bataille de Courtrai)ともいう。ベルギーでは、フランドルの独立を守った戦いとして記憶されており、戦史的には中世ヨーロッパにおいて市民中心の歩兵軍が、初めて重装騎兵である騎士軍を破った戦いとして知られている。
rdfs:label
  • 金拍車の戦い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 金拍車の戦い
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of