Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自衛隊逮捕術(じえいたいたいほじゅつ)とは、自衛隊の警務官・警務官補が特別司法警察職員として職務を行うために研究・開発された逮捕術のこと。基本的には警察の逮捕術に準じた内容であり、共通する術技や技術も多いが、相手が徒手格闘の訓練を受けた自衛官であることを想定し速効性、威力により重点が置かれている。自衛隊格闘術との違いは、相手を倒すことではなく相手を効果的に取り押さえることであり、自分も相手も怪我をしないのが理想であるとされている。なお、自衛隊逮捕術では芦原英幸の指導によるトンファー型特殊警棒を採用している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1530677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58199824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要技術
  • 体捌き、当身、逆技、投げ技、絞め技、固技
prop-ja:使用武器
prop-ja:源流
prop-ja:発生年
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:競技形式
prop-ja:読み
  • じえいたいたいほじゅつ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自衛隊逮捕術(じえいたいたいほじゅつ)とは、自衛隊の警務官・警務官補が特別司法警察職員として職務を行うために研究・開発された逮捕術のこと。基本的には警察の逮捕術に準じた内容であり、共通する術技や技術も多いが、相手が徒手格闘の訓練を受けた自衛官であることを想定し速効性、威力により重点が置かれている。自衛隊格闘術との違いは、相手を倒すことではなく相手を効果的に取り押さえることであり、自分も相手も怪我をしないのが理想であるとされている。なお、自衛隊逮捕術では芦原英幸の指導によるトンファー型特殊警棒を採用している。
rdfs:label
  • 自衛隊逮捕術
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of