Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 続神皇正統記(ぞくしんのうしょうとうき)は、室町時代後期に小槻晴富(壬生晴富)によって書かれた史論書。北畠親房の『神皇正統記』の続編の体裁を採りながら、同書は批判する目的で書かれた。全1巻。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2000413 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 30382114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 続神皇正統記(ぞくしんのうしょうとうき)は、室町時代後期に小槻晴富(壬生晴富)によって書かれた史論書。北畠親房の『神皇正統記』の続編の体裁を採りながら、同書は批判する目的で書かれた。全1巻。
rdfs:label
  • 続神皇正統記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of