留守官(りゅうしゅかん / るすかん)とは、東アジアにおいて、皇帝(君主)が都(皇都)以外の主要都市に滞在する場合、「留守」となった皇都において皇帝の代理として国政を担当する官職・機関のことである。日本においては、1869年(明治2年)の東京再幸時に京都に設置されたものが特に知られている。

Property Value
dbo:abstract
  • 留守官(りゅうしゅかん / るすかん)とは、東アジアにおいて、皇帝(君主)が都(皇都)以外の主要都市に滞在する場合、「留守」となった皇都において皇帝の代理として国政を担当する官職・機関のことである。日本においては、1869年(明治2年)の東京再幸時に京都に設置されたものが特に知られている。 (ja)
  • 留守官(りゅうしゅかん / るすかん)とは、東アジアにおいて、皇帝(君主)が都(皇都)以外の主要都市に滞在する場合、「留守」となった皇都において皇帝の代理として国政を担当する官職・機関のことである。日本においては、1869年(明治2年)の東京再幸時に京都に設置されたものが特に知られている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1165898 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3421 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75053541 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 留守官(りゅうしゅかん / るすかん)とは、東アジアにおいて、皇帝(君主)が都(皇都)以外の主要都市に滞在する場合、「留守」となった皇都において皇帝の代理として国政を担当する官職・機関のことである。日本においては、1869年(明治2年)の東京再幸時に京都に設置されたものが特に知られている。 (ja)
  • 留守官(りゅうしゅかん / るすかん)とは、東アジアにおいて、皇帝(君主)が都(皇都)以外の主要都市に滞在する場合、「留守」となった皇都において皇帝の代理として国政を担当する官職・機関のことである。日本においては、1869年(明治2年)の東京再幸時に京都に設置されたものが特に知られている。 (ja)
rdfs:label
  • 留守官 (ja)
  • 留守官 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of