Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 根粒(こんりゅう)とは、細菌との共生によって植物の根に生じる瘤(コブ)のことである。「根瘤」とも表記される。マメ科植物では、窒素が不足がちな土壌において根粒菌が空気中の窒素固定を行って植物へ供給し、植物は光合成による産物を根粒菌へ供給する関係が成り立っている。ソテツではシアノバクテリアのアナベナが根粒に入っている。da:Knoldbakteriefi:Juurinystyrä
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 990358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56393063 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 根粒(こんりゅう)とは、細菌との共生によって植物の根に生じる瘤(コブ)のことである。「根瘤」とも表記される。マメ科植物では、窒素が不足がちな土壌において根粒菌が空気中の窒素固定を行って植物へ供給し、植物は光合成による産物を根粒菌へ供給する関係が成り立っている。ソテツではシアノバクテリアのアナベナが根粒に入っている。da:Knoldbakteriefi:Juurinystyrä
rdfs:label
  • 根粒
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of