Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 御厨(みくり・みくりや)とは、「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神饌を調進する場所のことである。本来は屋舎を意味する。また、神饌を調進するための領地も意味する。中世日本においては、皇室や伊勢神宮など、有力な神社が荘園(神領)を持ち、後に地名及び名字として残った。鎌倉時代には全国各地に五百箇余ヵ所を数えるほどになっていた。また中世では、たびたび武士団によって略奪・押領される(武士の領地化)といったことが起こっている。特に相馬御厨や大庭御厨は源義朝の濫行で歴史上有名である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 216472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1168 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58683477 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 御厨(みくり・みくりや)とは、「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神饌を調進する場所のことである。本来は屋舎を意味する。また、神饌を調進するための領地も意味する。中世日本においては、皇室や伊勢神宮など、有力な神社が荘園(神領)を持ち、後に地名及び名字として残った。鎌倉時代には全国各地に五百箇余ヵ所を数えるほどになっていた。また中世では、たびたび武士団によって略奪・押領される(武士の領地化)といったことが起こっている。特に相馬御厨や大庭御厨は源義朝の濫行で歴史上有名である。
rdfs:label
  • 御厨
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of