Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 原田 伴彦(はらだ ともひこ、1917年3月11日 - 1983年12月8日)は、日本史学者、大阪市立大学名誉教授。満州奉天(現・瀋陽)生まれ。本籍地は佐賀県。生後2歳の時に一家で東京に渡る。1929年長野県旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)入学、1933年松本高等学校 (旧制)文科甲類入学。1939年東京帝国大学文学部国史学科卒、国民新聞社記者となり国民生活研究会に参加して皇国史観に対抗したが徴兵される。1946年復員、1948年まで松本商業学校教員、信陽新聞社に入り論説委員となるがレッドパージで退職、1952年大阪市立大学経済学部講師、1954年助教授、1959年教授、1969年経済学部長、1980年定年退職、名誉教授、のち八代学院大学経済学部教授。この間、1953年部落問題研究所理事、大阪市同和問題研究室理事、1968年部落解放研究所初代理事長。奈良本辰也らとともに部落史研究を行い業績を残し、部落差別撤廃の啓蒙、同和行政に尽し、1975年松本治一郎賞受賞。『原田伴彦著作集』全7巻・別巻、『原田伴彦論集』全5巻がある。没後1992年より部落解放研究を対象に原田伴彦賞が設けられたが、のち原田伴彦記念部落史研究奨励金に変わった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1920712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56071037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 原田 伴彦(はらだ ともひこ、1917年3月11日 - 1983年12月8日)は、日本史学者、大阪市立大学名誉教授。満州奉天(現・瀋陽)生まれ。本籍地は佐賀県。生後2歳の時に一家で東京に渡る。1929年長野県旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)入学、1933年松本高等学校 (旧制)文科甲類入学。1939年東京帝国大学文学部国史学科卒、国民新聞社記者となり国民生活研究会に参加して皇国史観に対抗したが徴兵される。1946年復員、1948年まで松本商業学校教員、信陽新聞社に入り論説委員となるがレッドパージで退職、1952年大阪市立大学経済学部講師、1954年助教授、1959年教授、1969年経済学部長、1980年定年退職、名誉教授、のち八代学院大学経済学部教授。この間、1953年部落問題研究所理事、大阪市同和問題研究室理事、1968年部落解放研究所初代理事長。奈良本辰也らとともに部落史研究を行い業績を残し、部落差別撤廃の啓蒙、同和行政に尽し、1975年松本治一郎賞受賞。『原田伴彦著作集』全7巻・別巻、『原田伴彦論集』全5巻がある。没後1992年より部落解放研究を対象に原田伴彦賞が設けられたが、のち原田伴彦記念部落史研究奨励金に変わった。
rdfs:label
  • 原田伴彦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of