Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中島 宣長(なかしま のりなが)は、鎌倉時代の尾張国中島郡中島村の中島城主。通称中島 蔵人(なかしま くらんど)。官位は左衛門尉。 中島氏は嵯峨天皇第十二子河原院(左大臣源融)の末裔、嵯峨源氏に属する。 1221年(承久3年)6月5日に尾張国中島郡に土着し、地名をとって中島氏を称するようになる。 源融十三代の子孫が初めて「中島左衛門尉宣長」と名乗り、同地を領したとされる。宣長とその子孫は歴代「中島蔵人」とも号していた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 781111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56332343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中島 宣長(なかしま のりなが)は、鎌倉時代の尾張国中島郡中島村の中島城主。通称中島 蔵人(なかしま くらんど)。官位は左衛門尉。 中島氏は嵯峨天皇第十二子河原院(左大臣源融)の末裔、嵯峨源氏に属する。 1221年(承久3年)6月5日に尾張国中島郡に土着し、地名をとって中島氏を称するようになる。 源融十三代の子孫が初めて「中島左衛門尉宣長」と名乗り、同地を領したとされる。宣長とその子孫は歴代「中島蔵人」とも号していた。
rdfs:label
  • 中島宣長
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of