Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上手投げ(うわてなげ)とは、相撲の決まり手のひとつである。上手から相手の褌を引き、その上手から相手を投げる技。四つ相撲の王道を行く技といわれることがままあり、四つに組む相撲での強豪力士の多くは、上手投げを得意としている(例:双葉山、千代の富士、魁皇、白鵬、琴欧洲など)。特に、昭和の大横綱と言われた千代の富士の上手投げは、相手の頭を押さえながら投げる独特のものであり、「ウルフスペシャル」の名で他の力士達に恐れられ、千代の富士の名をいっそう高めた。一般に、上手投げと下手投げで投げの打ち合いをした場合、上手投げの方が有利といわれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 940230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 34108057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上手投げ(うわてなげ)とは、相撲の決まり手のひとつである。上手から相手の褌を引き、その上手から相手を投げる技。四つ相撲の王道を行く技といわれることがままあり、四つに組む相撲での強豪力士の多くは、上手投げを得意としている(例:双葉山、千代の富士、魁皇、白鵬、琴欧洲など)。特に、昭和の大横綱と言われた千代の富士の上手投げは、相手の頭を押さえながら投げる独特のものであり、「ウルフスペシャル」の名で他の力士達に恐れられ、千代の富士の名をいっそう高めた。一般に、上手投げと下手投げで投げの打ち合いをした場合、上手投げの方が有利といわれる。
rdfs:label
  • 上手投げ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:得意技 of
is foaf:primaryTopic of