Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一〇〇式機関短銃(ひゃくしききかんたんじゅう)は、第二次世界大戦に実戦投入された日本軍で唯一制式化された短機関銃である。資料等によっては「百式」、また制式名の「機関短銃」ではなく「短機関銃」と誤記されている場合もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 249040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59124325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • 一〇〇式機関短銃(前期型)
  • 一〇〇式機関短銃(後期型)
  • 一〇〇式機関短銃(落下傘部隊用)
  • 改修三型乙機関短銃(初期型)
  • 改修三型甲機関短銃(初期型)
  • 試製三型機関短銃(原型)
prop-ja:ライフリング
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:作動方式
  • オープンボルト、シンプルブローバック方式
prop-ja:使用弾薬
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:全長
  • 872 (xsd:integer)
prop-ja:口径
  • 8.0
prop-ja:名称
  • 一〇〇式機関短銃
prop-ja:年代
prop-ja:戦争
prop-ja:有効射程
  • 150m
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 450 (xsd:integer)
  • 700 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • 約10,000挺
prop-ja:製造期間
  • 1939 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • 一〇〇式機関短銃(後期型)
prop-ja:負革(スリング)_
  • 幅約2.8㎝、長さ最短約58㎝
prop-ja:配備先
  • 旧日本陸軍
prop-ja:配備期間
  • 1939 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 3440 (xsd:integer)
  • 3700 (xsd:integer)
  • 4270 (xsd:integer)
prop-ja:銃口初速
  • 334 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 230.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一〇〇式機関短銃(ひゃくしききかんたんじゅう)は、第二次世界大戦に実戦投入された日本軍で唯一制式化された短機関銃である。資料等によっては「百式」、また制式名の「機関短銃」ではなく「短機関銃」と誤記されている場合もある。
rdfs:label
  • 一〇〇式機関短銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of