Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランス現代思想(フランスげんだいしそう)は、第一次世界大戦前後から始まる20世紀フランスの哲学ないし思想のこと。19世紀以降のフランスとドイツを中心とする大陸哲学の流れのなかで、20世紀以降のフランスにおける大陸哲学研究、現代思想を特筆する際に、この「フランス現代思想」の語が用いられる。マルクス主義、フリードリヒ・ニーチェやジークムント・フロイトらのドイツの近代理性批判、エトムント・フッサールやマルティン・ハイデッガーの現象学、フェルディナン・ド・ソシュールの記号学や言語哲学などが流れ込んでいる。アメリカでは、科学者アラン・ソーカルによって、いわゆるポスト・モダニズム思想における無意味な科学用語の濫用が批判された。フランス本国でもジャック・ブーヴレスら分析哲学の流れをくむ哲学者たちからそのレトリカルな言説やオブスキュランティズムが批判されてもいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59141084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • コント
  • ソシュール
  • デカルト
  • レヴィ=ストロース
prop-ja:footer
  • (画像左)構造主義の先駆者とされるソシュール、(画像右)構造主義者の提唱者レヴィ=ストロース(1908年 - 2009年)
  • (画像左から)デカルト、コントはフランスの哲学的伝統の祖である。
prop-ja:image
  • Ferdinand de Saussure by Jullien.png
  • Auguste Comte.jpg
  • Frans Hals - Portret van René Descartes.jpg
  • Levi-strauss 260.jpg
prop-ja:width
  • 90 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
  • 140 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランス現代思想(フランスげんだいしそう)は、第一次世界大戦前後から始まる20世紀フランスの哲学ないし思想のこと。19世紀以降のフランスとドイツを中心とする大陸哲学の流れのなかで、20世紀以降のフランスにおける大陸哲学研究、現代思想を特筆する際に、この「フランス現代思想」の語が用いられる。マルクス主義、フリードリヒ・ニーチェやジークムント・フロイトらのドイツの近代理性批判、エトムント・フッサールやマルティン・ハイデッガーの現象学、フェルディナン・ド・ソシュールの記号学や言語哲学などが流れ込んでいる。アメリカでは、科学者アラン・ソーカルによって、いわゆるポスト・モダニズム思想における無意味な科学用語の濫用が批判された。フランス本国でもジャック・ブーヴレスら分析哲学の流れをくむ哲学者たちからそのレトリカルな言説やオブスキュランティズムが批判されてもいる。
rdfs:label
  • フランス現代思想
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:philosophicalSchool of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:schoolTradition of
is foaf:primaryTopic of