Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒメクグ(Kyllinga brevifolia Rottb. var. leiolepis)は、単子葉植物カヤツリグサ科ヒメクグ属(またはカヤツリグサ属)の多年草である。よく育っても高さ30cm程度の小型の草で、湿ったところに生える。花茎の先端に、丸っこいくす玉のような穂を、1個だけつけるのが特徴である。地下茎は浅い土の中を横に這い、茶色の鞘に包まれる。節ごとにまばらに花茎を出すが、匍匐茎の伸びが悪くて花茎が集まって生じることもある。花茎を出す前は、葉をつける短い茎があり、根出葉を広げる。根出葉は平らに広がって伸び、黄緑色で表面に強い照りがある。花茎が伸びると、その根元の葉はたいていはなくなる。花茎は断面が三角で、緑色でつやがある。先端に花序がつく。花序のすぐ下にそれぞれ長さが異なる3枚ほどの苞がつく。苞は葉状で、水平に広がり、長く伸びる。花序は多数の小穂が頭状に集まったもので、ほぼ球形のものが一つだけ(まれに2~3個)である。小穂は左右から偏平で、基本的にはカヤツリグサ属の一般と同じく、2つ折りになった鱗片が2列につく形だが、花数が極端に少なく、鱗片はせいぜい数枚、花も2つくらいしかなく、果実を実らせるのは小穂1個あたり1つだけである。小穂は先端がとがっているので、花序は短いイガのある栗のように、刺々な印象。果実が熟すると、小穂の基部から外れて落ちる。日本全国に分布し、湿った日なたに多い。水田のあぜ道などでは常連である。国外では朝鮮から中国、ウスリー地方に分布する。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgreen
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:species
dbpedia-owl:synonym
  • Cyperus brevifolia Rottb. var. leiolepis
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 697944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58315086 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シノニム
  • Cyperus brevifolia Rottb. var. leiolepis
prop-ja:名称
  • ヒメクグ
prop-ja:変種
  • K. brevifolia var. leiolepis
  • ヒメクグ
prop-ja:学名
  • Hara
  • Kyllinga brevifolia Rottb. var. leiolepis
prop-ja:
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ヒメクグ
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • lightgreen
prop-ja:
dc:description
  • ヒメクグ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヒメクグ(Kyllinga brevifolia Rottb. var.
rdfs:label
  • ヒメクグ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヒメクグ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of