Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バラク・オバマ政権の外交政策(英語:Foreign policy of the Barack Obama administration)では、バラク・オバマ政権下での2009年1月20日以降のアメリカ合衆国の外交政策について説明する。オバマの主要な外交政策アドバイザーにはヒラリー・ロダム・クリントン国務長官、ジェームズ・L・ジョーンズ国家安全保障担当大統領補佐官、スーザン・E・ライス国連大使らがいる。オバマの外交政策の全体像はワシントン・ポスト紙のコラムニストE・J・ディオンヌによって「米国の力を臆することなく展開するが、その行使には現実的な限界と自覚に満ちていなければならないとする現実主義の一形態」と規定され、「オバマ・ドクトリン」と仮定された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1863411 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 75716 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 305 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55146770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バラク・オバマ政権の外交政策(英語:Foreign policy of the Barack Obama administration)では、バラク・オバマ政権下での2009年1月20日以降のアメリカ合衆国の外交政策について説明する。オバマの主要な外交政策アドバイザーにはヒラリー・ロダム・クリントン国務長官、ジェームズ・L・ジョーンズ国家安全保障担当大統領補佐官、スーザン・E・ライス国連大使らがいる。オバマの外交政策の全体像はワシントン・ポスト紙のコラムニストE・J・ディオンヌによって「米国の力を臆することなく展開するが、その行使には現実的な限界と自覚に満ちていなければならないとする現実主義の一形態」と規定され、「オバマ・ドクトリン」と仮定された。
rdfs:label
  • バラク・オバマ政権の外交政策
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of