Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ZRエンジンとは、トヨタ自動車の水冷直列4気筒ガソリンエンジンの系列である。ZZ型エンジンの後継機として、中型車に搭載されている。2006年後半より、日本市場ではE140系カローラシリーズを皮切りに、ノア・ヴォクシーやウィッシュ、アイシスなどのミドルクラスのミニバン等に搭載されている。アトキンソンサイクル(実際はミラーサイクル)仕様も30系プリウスより採用された。これまでの主力エンジンだったZZ型エンジン、AZ型エンジンと比較し、冷却性などを向上させ、同時にDual VVT-i(可変バルブ機構)の採用によりパワーと低回転域でのトルクを向上させ、燃費も改善している。2007年からは一部車種向けにバルブマチック(バルブリフト量可変機構)仕様も登場した。現在では各車種ともフルモデルチェンジ、又はマイナーチェンジ、一部改良などでバルブマチック仕様に置き換えられていて、VVT-iのみの仕様は国内向けモデルに存在しない(プリウスを除く)。また、可変長インテークマニホールドの有無によっても仕様が分かれている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 891601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56804613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイプ
prop-ja:名称
  • トヨタ・ZRエンジン
prop-ja:排気量
  • 1.6
  • 2.0
  • 1.8
prop-ja:生産拠点
prop-ja:製造期間
  • 2006 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ZRエンジンとは、トヨタ自動車の水冷直列4気筒ガソリンエンジンの系列である。ZZ型エンジンの後継機として、中型車に搭載されている。2006年後半より、日本市場ではE140系カローラシリーズを皮切りに、ノア・ヴォクシーやウィッシュ、アイシスなどのミドルクラスのミニバン等に搭載されている。アトキンソンサイクル(実際はミラーサイクル)仕様も30系プリウスより採用された。これまでの主力エンジンだったZZ型エンジン、AZ型エンジンと比較し、冷却性などを向上させ、同時にDual VVT-i(可変バルブ機構)の採用によりパワーと低回転域でのトルクを向上させ、燃費も改善している。2007年からは一部車種向けにバルブマチック(バルブリフト量可変機構)仕様も登場した。現在では各車種ともフルモデルチェンジ、又はマイナーチェンジ、一部改良などでバルブマチック仕様に置き換えられていて、VVT-iのみの仕様は国内向けモデルに存在しない(プリウスを除く)。また、可変長インテークマニホールドの有無によっても仕様が分かれている。
rdfs:label
  • トヨタ・ZRエンジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of