Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トヨタ・B型エンジン (初代)(トヨタ・Bがたエンジン (しょだい))は、トヨタ自動車の水冷直列6気筒ガソリンエンジンの系列である。トヨタ初の量産エンジンであったトヨタ・A型エンジン (初代)に引き続き、同時期のシボレー6気筒の基本構造を多くコピーした製品であるが、A型が全体の寸法をアメリカ流にヤードポンド法で設計していたのに対し、既に日本で施行されていたメートル法基準に変更する措置(メトリック化)を行い、アメリカにおけるシボレーの改良同様にメインベアリングを3ベアリングから4ベアリングに増やす強化策で、性能を向上させている。戦時体制下で量産化が開始され、第二次世界大戦後の1950年代に至るまでトラック、バス向けの主力エンジンとして用いられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 958172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56902560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイプ
  • 水冷直列6気筒OHVガソリンエンジン
prop-ja:内径x行程
  • 84.100000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • B型
prop-ja:圧縮比
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:排気量
  • 3386.0
prop-ja:最大トルク
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:最高出力
  • 75 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • トヨタ・B型エンジン (初代)(トヨタ・Bがたエンジン (しょだい))は、トヨタ自動車の水冷直列6気筒ガソリンエンジンの系列である。トヨタ初の量産エンジンであったトヨタ・A型エンジン (初代)に引き続き、同時期のシボレー6気筒の基本構造を多くコピーした製品であるが、A型が全体の寸法をアメリカ流にヤードポンド法で設計していたのに対し、既に日本で施行されていたメートル法基準に変更する措置(メトリック化)を行い、アメリカにおけるシボレーの改良同様にメインベアリングを3ベアリングから4ベアリングに増やす強化策で、性能を向上させている。戦時体制下で量産化が開始され、第二次世界大戦後の1950年代に至るまでトラック、バス向けの主力エンジンとして用いられた。
rdfs:label
  • トヨタ・B型エンジン (初代)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of