Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • トマス・メトカーフ(英: Thomas Metcalfe、姓の綴りはMetcalfともされる、1780年3月20日 - 1855年8月18日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家、石工である。綽名は「石槌」(Stonehammer)である。ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員、同上院議員、第10代ケンタッキー州知事を務めた。州知事選挙に出るときにケンタッキー州では初めて、党員集会ではなく指名大会で選ばれ、また同じくケンタッキー州では初めて民主共和党員ではない知事となった。メトカーフは16歳の時に石工として兄の徒弟となった。ケンタッキー州でも最古の郡庁舎として知られるグリーン郡庁舎の建設に関わった。後にメトカーフの政敵がその職業を嘲り、「年寄りの石槌」とあだ名を付けた。その政歴はケンタッキー州下院議員の4期で始まった。その間に米英戦争が入り、メグズ砦の防衛で1個中隊を指揮した。38歳のときにケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員に選出され、これを5期務めた後に、州知事選挙に出馬した。1828年の州知事選挙では、709票差で対抗馬のウィリアム・T・バリーを破って当選した。前任のジョセフ・デシェイは選挙で自党が後退し大変動揺していたので、知事公舎を明け渡さないと脅かした。しかし最後は人民の意思を尊重して秩序ある政権移行を行った。知事としてのメトカーフの主要な関心事は内国改良の問題だった。メトカーフが提案した計画の中にはシェルビービルからルイビルまでの道路や、オハイオ川滝を通す運河があった。アメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソンがメイズビルとレキシントンを繋ぐ有料道路の建設に連邦予算を充てる法案に拒否権を使ったとき、メトカーフは州の予算で全工事費を払い建設した。知事の任期が明けると州上院議員となり、1848年にはアメリカ合衆国上院議員ジョン・クリッテンデンが辞任したあとの空席を埋めて任期満了まで務めた。その後はニコラス郡にある領地、「フォレスト・リトリート」に引退し、1855年にコレラのために死去した。ケンタッキー州メトカーフ郡はメトカーフの栄誉を称えて名付けられたものである。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2928546 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56903847 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:alongside
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • バージニア州フォーキア郡
prop-ja:bot
  • H3llBot
prop-ja:branch
prop-ja:class
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • April 2012
prop-ja:dateOfBirth
  • March 20, 1780
prop-ja:dateOfDeath
  • August 18, 1855
prop-ja:deathDate
  • 1855-08-18 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州ニコラス郡
prop-ja:name
  • Metcalfe, Thomas
  • トマス・メトカーフ
prop-ja:office
  • アメリカ合衆国上院議員
  • アメリカ合衆国下院議員
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
prop-ja:rank
prop-ja:residence
  • フォレスト・レトリート
prop-ja:shortDescription
  • American politician
prop-ja:spouse
  • ナンシー・メイソン
prop-ja:state
  • ケンタッキー州
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --03-03
  • --06-01
  • --09-04
prop-ja:termStart
  • --03-04
  • --06-23
  • --08-26
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1819 (xsd:integer)
  • 1823 (xsd:integer)
  • 1828 (xsd:integer)
  • 1848 (xsd:integer)
prop-ja:元首
  • ジョン・ブレシット
prop-ja:元首職
  • 副知事
prop-ja:職名
  • 第10代ケンタッキー州知事
prop-ja:選挙区
  • ケンタッキー州選出
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • トマス・メトカーフ(英: Thomas Metcalfe、姓の綴りはMetcalfともされる、1780年3月20日 - 1855年8月18日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家、石工である。綽名は「石槌」(Stonehammer)である。ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員、同上院議員、第10代ケンタッキー州知事を務めた。州知事選挙に出るときにケンタッキー州では初めて、党員集会ではなく指名大会で選ばれ、また同じくケンタッキー州では初めて民主共和党員ではない知事となった。メトカーフは16歳の時に石工として兄の徒弟となった。ケンタッキー州でも最古の郡庁舎として知られるグリーン郡庁舎の建設に関わった。後にメトカーフの政敵がその職業を嘲り、「年寄りの石槌」とあだ名を付けた。その政歴はケンタッキー州下院議員の4期で始まった。その間に米英戦争が入り、メグズ砦の防衛で1個中隊を指揮した。38歳のときにケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員に選出され、これを5期務めた後に、州知事選挙に出馬した。1828年の州知事選挙では、709票差で対抗馬のウィリアム・T・バリーを破って当選した。前任のジョセフ・デシェイは選挙で自党が後退し大変動揺していたので、知事公舎を明け渡さないと脅かした。しかし最後は人民の意思を尊重して秩序ある政権移行を行った。知事としてのメトカーフの主要な関心事は内国改良の問題だった。メトカーフが提案した計画の中にはシェルビービルからルイビルまでの道路や、オハイオ川滝を通す運河があった。アメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソンがメイズビルとレキシントンを繋ぐ有料道路の建設に連邦予算を充てる法案に拒否権を使ったとき、メトカーフは州の予算で全工事費を払い建設した。知事の任期が明けると州上院議員となり、1848年にはアメリカ合衆国上院議員ジョン・クリッテンデンが辞任したあとの空席を埋めて任期満了まで務めた。その後はニコラス郡にある領地、「フォレスト・リトリート」に引退し、1855年にコレラのために死去した。ケンタッキー州メトカーフ郡はメトカーフの栄誉を称えて名付けられたものである。
rdfs:label
  • トマス・メトカーフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of