Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セム族(英: Semites)は、セム系の言語を使用する人々の総称である。西アジアや北アフリカに分布する。言語学と民族学において、「セム」語(「名」と翻訳される聖書の「シェム」〔ヘブライ語: שם‎、アラビア語では ساميّ〕に由来)という言葉は、主として中東に起源がある言語グループを指す用語であった。この語群には、アッカド語(アッシリア語とバビロニア語)、アムハラ語、アムル語、アラビア語、アラム語/シリア語、カナン語群/フェニキア語、カルデア現代アラム語、エブラ語、エドム語、ゲエズ語、ヘブライ語、マルタ語、マンダ語、モアブ語、ティグレ語とティグリニャ語、ウガリット語などが挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2791121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57564095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • セム族(英: Semites)は、セム系の言語を使用する人々の総称である。西アジアや北アフリカに分布する。言語学と民族学において、「セム」語(「名」と翻訳される聖書の「シェム」〔ヘブライ語: שם‎、アラビア語では ساميّ〕に由来)という言葉は、主として中東に起源がある言語グループを指す用語であった。この語群には、アッカド語(アッシリア語とバビロニア語)、アムハラ語、アムル語、アラビア語、アラム語/シリア語、カナン語群/フェニキア語、カルデア現代アラム語、エブラ語、エドム語、ゲエズ語、ヘブライ語、マルタ語、マンダ語、モアブ語、ティグレ語とティグリニャ語、ウガリット語などが挙げられる。
rdfs:label
  • セム族 (民族集団)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of