Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コエ語族(Khoe languages)はアフリカ南部の非バンツー語系語族である。かつてはコイサン語族の下位系統である「中央コイサン語」とされたが、コイサン諸語は現在ではひとつの語族として受け入れられていないため、現在はその名は便宜上の用語としてしか用いられない。最も規模が大きくよく知られたコエ語族の言語はナミビアのナマ語であり、ナマ語は「Khoekhoegowab」や「ホッテントット」の名で知られる。その他の言語はボツワナのカラハリ砂漠に主に分布する。コエ諸語はヨーロッパの植民地支配者によって最初に知られたコイサン諸語であり、吸着音で有名であるが、他のコイサン諸語ほど広範に用いない。コエ語族はナミビアおよび南アフリカのコエコエ語派とボツワナおよびジンバブエのTshu–Khweg語派が下位系統である。南アフリカのナマ語をのぞいて、ツワナ語のような国家的・地域的共通言語の圧力にさらされている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3248542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58245957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:child
  • ?Kwadi
  • Khoekhoe
  • Tshu–Khwe
prop-ja:fam
  • Khoe–Sandawe
  • Kwadi–Khoe
prop-ja:familycolor
  • Khoisan
prop-ja:glotto
  • khoe1240
prop-ja:glottorefname
  • Khoe–Kwadi
prop-ja:name
  • コエ語族
prop-ja:region
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コエ語族(Khoe languages)はアフリカ南部の非バンツー語系語族である。かつてはコイサン語族の下位系統である「中央コイサン語」とされたが、コイサン諸語は現在ではひとつの語族として受け入れられていないため、現在はその名は便宜上の用語としてしか用いられない。最も規模が大きくよく知られたコエ語族の言語はナミビアのナマ語であり、ナマ語は「Khoekhoegowab」や「ホッテントット」の名で知られる。その他の言語はボツワナのカラハリ砂漠に主に分布する。コエ諸語はヨーロッパの植民地支配者によって最初に知られたコイサン諸語であり、吸着音で有名であるが、他のコイサン諸語ほど広範に用いない。コエ語族はナミビアおよび南アフリカのコエコエ語派とボツワナおよびジンバブエのTshu–Khweg語派が下位系統である。南アフリカのナマ語をのぞいて、ツワナ語のような国家的・地域的共通言語の圧力にさらされている。
rdfs:label
  • コエ語族
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:languageFamily of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:child of
is prop-ja:fam of
is foaf:primaryTopic of