Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グラム・シュミットの正規直交化法(グラム・シュミットのせいきちょっこうかほう、英: Gram-Schmidt orthonormalization)とは、内積を持つベクトル空間(計量ベクトル空間)に、ある線型独立なベクトルの組が与えられたとき、そこから正規直交系(それぞれのベクトルのノルムが 1 で、どの二つも互いに直交しているようなベクトルの組)を作り出すアルゴリズムのことである。シュミットの直交化(ちょっこうか、orthogonalization)ともいう。正規化する(ノルムを 1 にする)工程を省略すると、必ずしも正規でない直交系を得ることができる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 8038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57623464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グラム・シュミットの正規直交化法(グラム・シュミットのせいきちょっこうかほう、英: Gram-Schmidt orthonormalization)とは、内積を持つベクトル空間(計量ベクトル空間)に、ある線型独立なベクトルの組が与えられたとき、そこから正規直交系(それぞれのベクトルのノルムが 1 で、どの二つも互いに直交しているようなベクトルの組)を作り出すアルゴリズムのことである。シュミットの直交化(ちょっこうか、orthogonalization)ともいう。正規化する(ノルムを 1 にする)工程を省略すると、必ずしも正規でない直交系を得ることができる。
rdfs:label
  • グラム・シュミットの正規直交化法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of