Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クーマエ(ラテン語: Cumae)は、現在のイタリア・ナポリ北西に築かれた古代ギリシャの植民市。イタリア半島に初めて建設された古代ギリシャ植民市である。クマエ、クーマイ等とも表記される。ウェルギリウスの『アエネーイス』に登場する「クマエのシビュラ(巫女)」でも有名。また、この都市で使われたギリシャ文字の一種(クマエ文字)からは、ラテン文字が派生した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2330763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53374207 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 40.84861111111111 14.053611111111111
rdf:type
rdfs:comment
  • クーマエ(ラテン語: Cumae)は、現在のイタリア・ナポリ北西に築かれた古代ギリシャの植民市。イタリア半島に初めて建設された古代ギリシャ植民市である。クマエ、クーマイ等とも表記される。ウェルギリウスの『アエネーイス』に登場する「クマエのシビュラ(巫女)」でも有名。また、この都市で使われたギリシャ文字の一種(クマエ文字)からは、ラテン文字が派生した。
rdfs:label
  • クーマエ
owl:sameAs
geo:lat
  • 40.848610 (xsd:float)
geo:long
  • 14.053611 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of