Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クッタ・ジュコーフスキーの定理(クッタ・ジュコーフスキーのていり、英: Kutta–Joukowski theorem)は、ドイツのマルティン・ヴィルヘルム・クッタ (Martin Wilhelm Kutta 1867-1944) とロシアのニコライ・ジュコーフスキー (Nikolai Zhukovsky 1847-1921) (またはJoukowski) により20世紀の初頭に提出された、揚力について、飛行機の翼などと、変化球などのマグヌス効果を、統一的に説明する定理。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1823279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57511467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クッタ・ジュコーフスキーの定理(クッタ・ジュコーフスキーのていり、英: Kutta–Joukowski theorem)は、ドイツのマルティン・ヴィルヘルム・クッタ (Martin Wilhelm Kutta 1867-1944) とロシアのニコライ・ジュコーフスキー (Nikolai Zhukovsky 1847-1921) (またはJoukowski) により20世紀の初頭に提出された、揚力について、飛行機の翼などと、変化球などのマグヌス効果を、統一的に説明する定理。
rdfs:label
  • クッタ・ジュコーフスキーの定理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of