Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アラン(Alain)ことエミール=オーギュスト・シャルティエ(フランス語:Emile-Auguste Chartier、1868年3月3日 - 1951年6月2日)は、フランス帝国(フランス第二帝政)ノルマンディー・モルターニュ=オー=ペルシュ出身の哲学者、評論家、モラリスト。ペンネームのアランは、フランス中世の詩人、作家であるアラン・シャルティエに由来する。1925年に著された『幸福論 (アラン)』で名高いが、哲学者や評論家としても活動し、アンリ・ベルクソンやポール・ヴァレリーと並んで合理的ヒューマニズムの思想は20世紀前半フランスの思想に大きな影響を与えた。体系化を嫌い、具体的な物を目の前にして語ろうとしたのがアランの手法で、理性主義の立場から芸術、道徳、教育などの様々な問題を論じた。フランス文学者の桑原武夫は「アランの一生は優れた「教師」の一生であったと言えよう」と評している。また、アランの弟子で同国出身の小説家、評論家であるアンドレ・モーロワは1949年にアランの伝記や教えをまとめた『アラン(Alain)』の中で、アランを「現代のソクラテス」と評している。
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthDate
  • 1868-03-03 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthName
  • Emile-Auguste Chartier
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1951-06-02 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:pseudonym
  • アラン(Alain)
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 253376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11021 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55841393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • 1868-03-03 (xsd:date)
prop-ja:birthName
  • Emile-Auguste Chartier
prop-ja:birthPlace
  • ノルマンディー・モルターニュ=オー=ペルシュ
prop-ja:deathDate
  • 1951-06-02 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ル・ヴェジネ
prop-ja:genre
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
  • アリストテレス、プラトン、バールーフ・デ・スピノザ、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル、イマヌエル・カント、ルネ・デカルト、ジャン=ジャック・ルソー、オーギュスト・コント、スタンダール、オノレ・ド・バルザック、チャールズ・ディケンズ、シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ、エルネスト・ルナン、、、イポリット・テーヌ
prop-ja:name
  • エミール=オーギュスト・シャルティエ
prop-ja:notableWorks
  • 『』(1925年)
prop-ja:occupation
prop-ja:pseudonym
  • アラン(Alain)
prop-ja:restingPlace
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アラン(Alain)ことエミール=オーギュスト・シャルティエ(フランス語:Emile-Auguste Chartier、1868年3月3日 - 1951年6月2日)は、フランス帝国(フランス第二帝政)ノルマンディー・モルターニュ=オー=ペルシュ出身の哲学者、評論家、モラリスト。ペンネームのアランは、フランス中世の詩人、作家であるアラン・シャルティエに由来する。1925年に著された『幸福論 (アラン)』で名高いが、哲学者や評論家としても活動し、アンリ・ベルクソンやポール・ヴァレリーと並んで合理的ヒューマニズムの思想は20世紀前半フランスの思想に大きな影響を与えた。体系化を嫌い、具体的な物を目の前にして語ろうとしたのがアランの手法で、理性主義の立場から芸術、道徳、教育などの様々な問題を論じた。フランス文学者の桑原武夫は「アランの一生は優れた「教師」の一生であったと言えよう」と評している。また、アランの弟子で同国出身の小説家、評論家であるアンドレ・モーロワは1949年にアランの伝記や教えをまとめた『アラン(Alain)』の中で、アランを「現代のソクラテス」と評している。
rdfs:label
  • エミール=オーギュスト・シャルティエ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • エミール=オーギュスト・シャルティエ
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of